資料ダウンロードはこちら

BI・DWH×ETLセミナー

Waha! Transformer の最新バージョン V5.3.2 の動作環境は以下の通りです。※2020年12月18日現在
なお、インストール先のOS、接続先のデータソースについては、原則として提供元メーカーのサポート対象となっていることを前提としますので、各社サポート情報をご確認ください。
※記載する会社名・製品名は提供元各社の商標・登録商標です。

Waha! Transformer の動作プラットフォーム

Microsoft Windows

  サポート対象
OS
※64 ビットOS のみ
Windows Server 2012、2012R2、2016、2019
Windows 8.1、10
CPU AMD64互換のプロセッサ
メモリー 1GB以上(4GB以上推奨)
ディスク領域 ディスク領域 3GB 以上、その他リポジトリ・変換データ・ワーク用に十分な容量
(うち、.NET Framework 用にシステムドライブに 2GB 以上の空き容量が必要)

※Waha! Transformer Server をリモート操作する場合は、Windowsリモートデスクトップ(RDP)を利用できる「Terminal Serviceオプション」が1つ必要となりますので、リモート接続数に応じたClient Access License(CAL)をご用意ください。

対応データソース

Dr.SUMMarketo Engagekintone

各種ODBC対応データベースについては、提供元各社のODBCドライバーをサーバーにインストールすることでご利用可能です。その他詳細はお問い合わせください。
メインフレームやオフコンからのデータ移行・データ連携の対応可否についても、お気軽にご相談ください。(例:IBM S/390・AS/400・RS/6000、富士通・日立 Mシリーズ、富士通 FACOM、日立 HITAC、NEC ACOS、東芝 TOSBAC、三菱 MELCOM、内田洋行  USAC等)

左右にスクロールしてご覧ください
  サポート対象 動作実績あり
データベース Oracle Database 11g、12c、18c、19c 8i、9i、10g
Microsoft SQL Server 2012、2014、2016、2017、2019 2000、2005、2008、2008 R2
IBM Db2 for Windows/UNIX V9.7、10.1、10.5、11.1 V8.x、9.1、9.5
IBM Db2 for i 7.2 5、5.4、6.1
MySQL V5.7、8.0 V5.6.10 ~
PostgreSQL V9.5、9.6、10、11、12、13 V9.3、9.4
Amazon RDS(Oracle、SQL Server、MySQL、PostgreSQL) ※1  
DWH Dr.Sum EA V3.0 SP2、V4.0、V4.0 SP1、V4.1、V4.2、5.0、5.1、5.5 EA V2.5
Amazon Redshift IBM Red Brick Warehouse 5.x/6.x、SAP HANA
ERP SAP ERP 6.0、S/4 HANA R/3 4.6C
Application Microsoft Access 2010、2013、2016、2019 2000、2002、2003、2007
Microsoft Excel ( xlsx, xlsm, xls 形式のファイルをサポートします。)  
Salesforce CRM salesforce.comサイボウズ・kintone  Adobe Marketo EngageMicrosoft Active DirectoryGoogleスプレッドシート
その他、動作実績 その他、IBM Db2 UDB for zOS、HiRDB、Caché 等の動作実績多数

※1 Amazon RDS の対応バージョンは、各データベースエンジンの対応バージョンに従います。

対応文字コード体系

EBCDIC カナ、EBCDIC 英小文字、EBCDIK(日立)、ASCII、IBM 漢字、富士通JEF、日立KEIS、NEC 漢字「JIPS、JIPS(E)」、JIS、シフトJIS、日本語EUC、JASTEM、Unicode「UTF-8、UCS-2」、中国 GB18030、BIG5、中国 IBM(GB Host)

  • 漢字、非漢字の混在文字列に対応
  • ユーザ定義テーブルによる外字対応
  • 漢字はすべて JIS83 対応。JIS78 と JIS83 の変換は外字テーブルを提供
  • Unicode はビッグエンディアン / リトルエンディアン、サロゲートペア対応
  • 改行コードも「CR+LF」、「LF」、「CR」それぞれ変換可能

対応フォーマット

可変長テキスト(CSV)、固定長テキスト、バイナリ、sam、XML、FTPサーバーサポートなど、多様なファイル形式・フォーマットに対応

  • 可変長テキストはセパレータ、デリミタ、NULL表現方法を定義可能
  • 項目内の改行をサポート

データ型・タイプ

パック、アンパック(ゾーン)、BCD、数値型(内部浮動小数点)、数値文字列型(内部 BCD)、整数型、文字型、日付型、日付時刻型、時刻型、浮動小数点型、バイナリ型、LOB 型、FILE 型、XML 型

その他仕様

  • 130種類以上の関数・変数を使った実効性の高い変換・加工処理
  • SQL文やバッチ処理など柔軟な処理も可能

ご利用企業様の声

MRの活動見える化に向けたDWHへのデータ連携に活用|旭化成ファーマ株式会社 様・AJS株式会社 様
~ミッションクリティカルな業務基盤に採用された「Waha! Transformer」~ 骨粗鬆症治療剤を中心に主に整形外科に対して医薬品を提供している旭化成ファーマ株式会社では、医薬品卸から寄せられる...
製造・物流
BI・DWH
EDI・EC
ETLリプレース
システム移行
データ連携・加工
顧客データ
情報系システム
販売データ
ETLを業務基盤の中核に据えて システムの内製化を実現|UQコミュニケーションズ株式会社 様
~変化の激しい通信業界において柔軟な業務基盤の要となる「Waha! Transformer」~ 高速モバイルインターネット通信サービス「UQ WiMAX」や格安SIM によるスマートフォンサービス「U...
情報・通信
Excelデータ
システム構築
データ連携・加工
会計データ
基幹系システム
顧客データ
受注データ
商品データ
販売データ
若手人材を即戦力化する武器としてWaha! Transformerを活用|日本通運株式会社 様
~SAPとAS/400の柔軟な連携によってデータ活用を促進~ 世界47カ国、300を超える都市にグローバルネットワークを展開している日本通運株式会社では、グローバル全体で会計業務を統合すべく5年ほど前...
製造・物流
ERP移行
Excelデータ
システム構築
会計データ
基幹系システム

社内のデータ活用でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

お役立ち情報を資料にまとめました。
お役立ち資料ダウンロード
ご不明点などお気軽にご相談ください。
お問い合わせ
30日間、無料で体験いただけます。
無料体験版

注目トピック

ETLとは、デジタルトランスフォーメーションの第一歩となる、データの整理・整頓ツールです

ETLとは、デジタルトランスフォーメーションの第一歩となる、データの整理・整頓ツールです

ETLツールとは、「組織の内外に散在するデジタルデータを抽出・収集(Extract)」し、「用途に応じて変換・加工(Transform)を行った上」で、「その先にある格納先に有用な情報として配信・送出(Load)してくれる」ITプロダクトのカテゴリーの一つです。

データドリブン経営やDX推進の壁を突破する「データ活用」のススメ型

データドリブン経営やDX推進の壁を突破する「データ活用」のススメ型

DXやデータドリブン経営にいざ取り組むとしても、どこから手をつけたらよいのかわからないというお悩みを聞くことが少なくありません。その第一歩を「データ活用」とした場合に生じるお悩みとその解決策について考察してみました。

属人化Excelをデータベース化・情報システム化すべき理由

属人化Excelをデータベース化・情報システム化すべき理由

Excel更新ルーティンから解放されたいビジネスパーソンに向けて、Excel集計・加工作業を機械化・自動化する方法について整理してみました。

お役立ち資料

脱Excelではなく、Excelを生かして業務効率を上げる方法

脱Excelではなく、
Excelを生かして
業務効率を上げる方法

本ホワイトペーパーでは、数多くの企業が抱えるExcel業務効率化の悩みに対し、3つのステップで最適な回答を示すことで、できる限り分かりやすく解説・整理できればと思います。

導入実績多数!数字で証明する、ETL/EAI製品をリプレイスした効果!

海外製ETL/EAIの
EOS/EOL対策

2000年代初頭よりデータ連携基盤として多くの企業に導入されたETL/EAI製品。本資料では、お客様がどこに課題を抱いていて、ユニリタのソリューションを選択することでどのような効果があったのかを簡潔明瞭にお伝えいたします。

データ活用ツールの違い・比較

データ活用ツールの違い・比較

ETL ツール「Waha! Transformer」の導入に際して、「データ活用」という観点から一緒に検討されることの多いETL ツールと周辺ツール3種(EAI / BI・DWH / RPA)を比較・整理しました。