サポート

純国産製品だからできる手厚いサポート

他製品を含めて30年以上にわたる豊富な導入実績とサポート経験により、広範でわかりやすいFAQやお問い合わせ履歴、ETLツールの構築・運用ノウハウまで「相談型」で提供しています。
純国産の自社開発製品という強みを生かし、導入前の企画段階から導入後の運用・改善段階まで、ユーザーフレンドリーなサポートを一貫体制で提供します。

純国産製品だからできる手厚いサポート
CTCシステムマネジメント株式会社様
CTCシステムマネジメント株式会社様
「相当ツールに熟知された方がサポートをされているのか、非常に分かりやすくレスポンスも早い。
どうすれば望んだことができるのかについて質問すると、複数のパターンを必ず提示いただくことができ、自分たちの環境に適した方法が選択できます。」

ユニリタWebコールセンター(サポートセンター)

Waha! Transformer に関する技術的なお問い合わせは、ご契約者様向けのWebコールセンター、お電話、E-Mailにて承ります。

Webコールセンターはこちら

サポートライフサイクル

サポートライフサイクル

ソフトウェア保守期限とサポートレベル

※2020年6月1日現在

製品バージョン 通常保守 延長保守 サポートサービス
Waha! Transformer V5.3、V5.2 提供中
Waha! Transformer V5.1 終了 2021年9月30日
Waha! Transformer V5.0、V4.2 終了 2020年9月30日
Waha! Transformer V4.0、V3.1、V3.0 終了 終了
技術的な質問に対する回答
回避策の提供
既存パッチの提供
障害解決のためのパッチ提供
バージョンアップを伴わない新OS対応と新機能追加

保守停止:質問を含むすべてのサポート終了

Waha! Transformerの製品マニュアル

Waha! Transformer はデータ連携に関する処理性能×操作性×利便性を製品コンセプトとした純国産のETL:データ連携ツールです。
このうち、操作性を具現化するには「製品マニュアル」の提供が一般的ではありますが、Waha! Transformer ではその機能を製品と一体提供できる「オンラインヘルプ」にすべて注ぎ込んでおります。

各種機能の使い方はもちろんのこと、新任ご担当者が Waha! Transformer の全容を理解していただくのに役立つチュートリアルから、
実際のデータ連携設定の際に使える関数や文字コード変換などのリファレンスなどなど、製本すれば分厚い辞典に匹敵する情報がすべて盛り込まれたものです。

Designer をはじめとする Waha! Transformer のアプリケーションを起動後、[F1]キーもしくはメニューバーからいつでもアクセスすることができますので、ツリー階層もしくは検索キーワードから、お困りごとを解決する手段について、探してみてください。


Waha! Transformerのマニュアルはオンラインヘルプとして提供しています。
Waha! Transformerのマニュアルはオンラインヘルプとして提供しています。

社内のデータ活用でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

導入企業様の事例を資料にまとめました。
「事例集」ダウンロード
ご不明点などお気軽にご相談ください。
お問い合わせ
30日間、無料で体験いただけます。
無料体験版

注目トピック

ETLとは、デジタルトランスフォーメーションの第一歩となる、データの整理・整頓ツールです

ETLとは、デジタルトランスフォーメーションの第一歩となる、データの整理・整頓ツールです

ETLツールとは、「組織の内外に散在するデジタルデータを抽出・収集(Extract)」し、「用途に応じて変換・加工(Transform)を行った上」で、「その先にある格納先に有用な情報として配信・送出(Load)してくれる」ITプロダクトのカテゴリーの一つです。

データ連携の自動化で正しいデータをスムーズに有効活用

データ連携の自動化で正しいデータをスムーズに有効活用

Waha! Transformerは、異なる形式のデータをスムーズに連携・統合する純国産ETL:データ連携ツールです。1999年の提供開始以来、大手企業を中心に1,800ライセンスの導入実績。SQLやプログラミングの知識がなくても使いやすいシンプルな操作性と、圧倒的な処理スピードで組織内外のデータ活用を加速します。

属人化Excelをデータベース化・情報システム化すべき理由

属人化Excelをデータベース化・情報システム化すべき理由

Excel更新ルーティンから解放されたいビジネスパーソンに向けて、Excel集計・加工作業を機械化・自動化する方法について整理してみました。