Excel定型業務効率化

5つのポイントを取り入れるだけで 実現できるExcel定型業務効率化

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

悩み

転記や集計、加工などを手作業でやることが多く、人為的なミスが発生する可能性がある

解決!

転記や集計、加工などの手作業で行っている定型業務を自動化することで、効率化とミスを削減します

悩み

取引先との資料のやり取りがExcelであるため、Excelから脱することができない

解決!

Excelのインターフェースを変更せずに、手作業で行っていることを自動化します

悩み

経営層からリアルタイムのレポートを求められるが、現場のデータ集計が追いつかない

解決!

ワンクリックでレポート作成ができるため、経営層の意思決定のスピードを高めることができます

悩み

マクロが属人化(ブラッ クボックス化)してしまい、作成者でなければ修正することができない

解決!

担当者のスキルレベルに依存せずに属人化およびブラックボックス化を解消します

ソリューションの特長

定型業務の自動化

ビジネススピード向上

転記や集計、加工などの定型業務の手作業を自動化させることにより、工数を削減します。

属人化の解消

属人化解消によるリスク削減

属人化しやすいExcelマクロのロジックを外出しにすることで、スキルレベルに依存せずに業務の引き継ぎや継承ができます。

ビジネススピードの向上

生産性向上

データ連携におけるリアルタイム性を高めることにより、ビジネススピードを向上させます。

その他の特長

  • RPAと組み合わせることにより、登録業務のさらなる効率化を実現します。
  • メインフレームやクラウドなどどのような環境でも連携ができます。

ソリューション概要図

収集、集計、加工などの定型業務は自動化し、業務効率化を実現

ビフォーアフター

適用業務例

予算編成業務

課題

  • 各部門から送られてくるExcelの集計や転記作業に手間がかかっており、集計ミスや転記ミスが発生する。
  • 各部門との過不足の調整で何度も手戻りが発生してしまう。
  • 予算編成業務専用のソフトウェアはとても高価なため、導入できない。そのため、Excelを活用したい。

効果

  • 予算編成業務で必要となる業務テンプレートを作成し、各部門からのExcelを自動集計することにより、集計ミスや転記ミスを防ぐことができます。
  • 過不足調整はしきい値設定し、繰り返しになる手順の一部をシステム化することにより、手順の簡略化と手戻りの工数を削減します。
  • Web画面からExcelデータを登録することで手順の簡略化と予算担当者の工数を削減します。

経営資料作成業務

課題

  • リアルタイムな数字ではないため、意思決定が遅れ、ビジネススピードの低下を招いている。
  • データの集計、加工、突合、チェック作業に工数がかかり、経営資料の提出が遅れている。
  • 外出先でもデータを参照できるようにマルチデバイスでの対応を行いたい。

効果

  • 経営資料をワンクリックで提供し、常にリアルタイムな数字で経営判断を行うことができます。
  • データの収集から加工、突合、チェックを自動化することにより、担当者の負荷をなくし、経営資料の精度を高めます。
  • Excelだけでなく汎用的なデータ形式で経営資料を作成できるため、あらゆるデバイスからデータの参照ができます。

データ入力業務

課題

  • 大量のデータをさまざまなシステムに手動で入力しているため、人為的なミスが発生し、業務への影響が大きい。
  • 入力データ形式も多種多様(Excel、CSV、テキスト)であり、統一が図れない。
  • メインフレームなどの汎用機へのデータ入力業務がまだ残っている。

効果

  • 手動で入力している集計・転記作業を自動化させることにより、人為的ミスをなくし、工数の削減をすることができます。
  • 入力データ形式も現状から変更することなく入力業務を自動化させます。
  • メインフレームなどの汎用機に対してもエミュレータ経由で登録を自動化できます。

ビフォーアフター

ビフォーアフター
業種:広告業 従業員規模:1,000名未満 導入部門:IT部門

課題

  • 数万のTVCM枠を各クライアントへ最適に割り振るために、さまざまな情報を確認しながら延べ10人日ハイスキルなスタッフがExcel業務に従事していた。

提案

スキルの均一化を目的としてExcel定型業務効率化ソリューションを提供

  • 属人化の解消と精度の向上。
  • ディープラーニング処理を導入することによる精度が向上する仕組みの構築。

効果

  • 10人日かかっていた業務が2クリックで2時間に短縮され、関係者との調整に注力できる体制へ改善。
  • Excelで行っていた業務システム間のデータ連携やレポート 作成業務を内製化。

資料ダウンロード

脱Excelではなく、Excelを生かして業務効率を上げる方法

脱Excelではなく、Excelを生かして
業務効率を上げる方法

本ホワイトペーパーでは、数多くの企業が抱えるExcel業務効率化の悩みに対し、3つのステップで最適な回答を示すことで、できる限り分かりやすく解説・整理できればと思います。

右記フォームに必要事項を入力の上、「ダウンロードする」をクリックしてください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

社内のデータ活用でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

導入企業様の事例を資料にまとめました。
「事例集」ダウンロード
ご不明点などお気軽にご相談ください。
お問い合わせ
30日間、無料で体験いただけます。
無料体験版

注目トピック

ETLとは、デジタルトランスフォーメーションの第一歩となる、データの整理・整頓ツールです

ETLとは、デジタルトランスフォーメーションの第一歩となる、データの整理・整頓ツールです

ETLツールとは、「組織の内外に散在するデジタルデータを抽出・収集(Extract)」し、「用途に応じて変換・加工(Transform)を行った上」で、「その先にある格納先に有用な情報として配信・送出(Load)してくれる」ITプロダクトのカテゴリーの一つです。

データ連携の自動化で正しいデータをスムーズに有効活用

データ連携の自動化で正しいデータをスムーズに有効活用

Waha! Transformerは、異なる形式のデータをスムーズに連携・統合する純国産ETL:データ連携ツールです。1999年の提供開始以来、大手企業を中心に1,800ライセンスの導入実績。SQLやプログラミングの知識がなくても使いやすいシンプルな操作性と、圧倒的な処理スピードで組織内外のデータ活用を加速します。

属人化Excelをデータベース化・情報システム化すべき理由

属人化Excelをデータベース化・情報システム化すべき理由

Excel更新ルーティンから解放されたいビジネスパーソンに向けて、Excel集計・加工作業を機械化・自動化する方法について整理してみました。

お役立ち資料

データ活用ツールの違い・比較

データ活用ツールの違い・比較

ETL ツール「Waha! Transformer」の導入に際して、「データ活用」という観点から一緒に検討されることの多いETL ツールと周辺ツール3種(EAI / BI・DWH / RPA)を比較・整理しました。

脱Excelではなく、Excelを生かして業務効率を上げる方法

脱Excelではなく、
Excelを生かして
業務効率を上げる方法

本ホワイトペーパーでは、数多くの企業が抱えるExcel業務効率化の悩みに対し、3つのステップで最適な回答を示すことで、できる限り分かりやすく解説・整理できればと思います。

導入実績多数!数字で証明する、ETL/EAI製品をリプレイスした効果!

海外製ETL/EAIの
EOS/EOL対策

2000年代初頭よりデータ連携基盤として多くの企業に導入されたETL/EAI製品。本資料では、お客様がどこに課題を抱いていて、ユニリタのソリューションを選択することでどのような効果があったのかを簡潔明瞭にお伝えいたします。