• 純国産ETL:データ連携ツールのWaha! Transformer > 
  • Waha! Transformer 最新版「V5.3.1」をリリース。Active Directory のデータ連携機能を提供開始
  • Waha! Transformer 最新版「V5.3.1」をリリース。Active Directory のデータ連携機能を提供開始

    • LINEで送る
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    Waha! Transformer 最新版「V5.3」をリリースしました。

    ※記載する会社名・製品名・ロゴマーク等は提供元各社の商標・登録商標です。

    「Waha! Transformer」は純国産ETL:データ連携ツールの先駆者として20年を超える歴史を重ね、プロダクトのコア・コンピテンスである処理性能から目をそらすことなく、操作性や取扱いデータ種別などの機能性を着実に高めながら、データ統制における機密性と付加価値生産性(成果・利益)の向上に寄与すべく、トレンド変化にも柔軟に対応しながら進化を続けてまいりました。

    近年では、処理性能×操作性×利便性の3要素を重点に機能向上を進めており、2020年9月30日に提供を開始した「Waha! Transformer V5.3.1」はマイクロ・バージョンアップという位置付けにおいて、6件の機能改善・改修を進めました。

    代表的なところでは、V5.3.0から追加されたWeb API連携機能の一つ「Rest Clientオプション」において、前処理・通信・後処理というデータ処理の各工程でお使いいただけるプラグインおよびサンプルを提供しています。

    機能追加のトピックとしては、「CData社製 Active Directory ODBC Driver」に対応しています。

    CData社製 Active Directory ODBC Driver
    CData社による紹介

    Active Directory ODBC ドライバーは、ODBC 接続をサポートする任意のアプリケーションからリアルタイムなActive Directory に直接接続できるパワフルなツールです。標準のODBC ドライバーインタフェースを使用して、データベースのようにActive Directory オブジェクトにアクセスし、ユーザー、グループ、ロール、連絡先にアクセスしたり、任意のObjectClass のカスタムテーブルを定義し、SQL クエリーを実行できます。
    Microsoft Active Directory

    Microsoft Active Directory」(以下、AD)は、Windows 2000 Server に実装されて以来、主に中・大規模組織のネットワークにおけるユーザーアカウントとデバイスに関する更新管理を容易にしてくれました。

    特に、ユーザーアカウントについては部門別や職位別の共有フォルダーへのアクセス権、電子稟議の承認経路などを管理する上で極めてナーバスなものであり、組織改編や人事異動・退職はもとより、社内電話帳として利用されている場合は座席変更による内線番号の変更など、間違うことの許されない重要タスクでありながら、常に更新に追いかけられている組織が少なくありません。

    ADのデータを更新する際は、一般的に「PowerShell」などのスクリプトツールが利用されますが、昨今のIT人材不足によってツール習熟のための教育に時間をかけにくい側面もあり、ADからのデータ抽出や、新旧リストの照合・チェックなどの手間をできるだけ省力化した上で、安全かつ簡単・着実に更新できる運用が求められています。

    Waha! Transformer に CData社製「Active Directory ODBCドライバー」をオプション追加

    Waha! Transformer に CData社製「Active Directory ODBCドライバー」をオプション追加することで、ADのデータ読み取り作業を自動化できる上に、人事データベースとの突合・差分抽出まで自動化できるので、ユーザーアカウントを常に最新の状態で運用するための更新管理工数を大幅に削減できます。

    ※1.V5.3.1以降「SQLDB設定フォーマット設定のテンプレート」としてオプション提供
    ※2.提供開始時点で、Azure ADには非対応

    Active Directory と人事システムのデータ連携にご活用いただいている事例

    東亜建設工業株式会社様
    東亜建設工業株式会社様
    今後は、自動ログ突合基盤を更に拡張し、修正依頼書発行のシステム化実現にむけて検討しています。現在では、修正結果をCSVでもらっているため手間もかかり書き間違いもありますから、今後はワークフローで修正結果報告を出すところまでつなげていく予定です。 また、 「今回導入した基盤は今後、他の業務でも活用できると思っています。現在は人事システムとActive Directoryの連携を始めています。さらなる業務効率化を目指します。 」

    詳細は、お気軽にお問い合わせください。

    ETL:データ連携ツール『Waha! Transformer』を実際に操作できる

    ほぼ毎月開催! 参加無料!
    Waha Transformer ハンズオンセミナー
    お申し込みはこちらから

    関連コンテンツ

    社内のデータ活用でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

    導入企業様の事例を資料にまとめました。
    「事例集」ダウンロード
    ご不明点などお気軽にご相談ください。
    お問い合わせ
    30日間、無料で体験いただけます。
    無料体験版

    注目トピック

    ETLとは、デジタルトランスフォーメーションの第一歩となる、データの整理・整頓ツールです

    ETLとは、デジタルトランスフォーメーションの第一歩となる、データの整理・整頓ツールです

    ETLツールとは、「組織の内外に散在するデジタルデータを抽出・収集(Extract)」し、「用途に応じて変換・加工(Transform)を行った上」で、「その先にある格納先に有用な情報として配信・送出(Load)してくれる」ITプロダクトのカテゴリーの一つです。

    データ連携の自動化で正しいデータをスムーズに有効活用

    データ連携の自動化で正しいデータをスムーズに有効活用

    Waha! Transformerは、異なる形式のデータをスムーズに連携・統合する純国産ETL:データ連携ツールです。1999年の提供開始以来、大手企業を中心に1,800ライセンスの導入実績。SQLやプログラミングの知識がなくても使いやすいシンプルな操作性と、圧倒的な処理スピードで組織内外のデータ活用を加速します。

    属人化Excelをデータベース化・情報システム化すべき理由

    属人化Excelをデータベース化・情報システム化すべき理由

    Excel更新ルーティンから解放されたいビジネスパーソンに向けて、Excel集計・加工作業を機械化・自動化する方法について整理してみました。

    お役立ち資料

    Excel業務からの脱却!属人化・共有・レポートに関する課題を解決

    Excel業務からの脱却!
    ~属人化・共有・レポート
    に関する課題を解決~

    Excelで作成されたレポートには「属人化」や「データ共有」、「データ準備」といった問題が存在します。本ホワイトペーパでは、皆様にも起こり得るこれらの問題をできる限り分かりやすく 解説・整理できればと思います。

    脱Excelではなく、Excelを生かして業務効率を上げる方法

    脱Excelではなく、
    Excelを生かして
    業務効率を上げる方法

    本ホワイトペーパーでは、数多くの企業が抱えるExcel業務効率化の悩みに対し、3つのステップで最適な回答を示すことで、できる限り分かりやすく解説・整理できればと思います。

    導入実績多数!数字で証明する、ETL/EAI製品をリプレイスした効果!

    海外製ETL/EAIの
    EOS/EOL対策

    2000年代初頭よりデータ連携基盤として多くの企業に導入されたETL/EAI製品。本資料では、お客様がどこに課題を抱いていて、ユニリタのソリューションを選択することでどのような効果があったのかを簡潔明瞭にお伝えいたします。