• 純国産ETL:データ連携ツールのWaha! Transformer > 
  • Waha! Transformer と Salesforce.com のデータ連携機能を提供開始
  • Waha! Transformer と Salesforce.com のデータ連携機能を提供開始

    • LINEで送る
    • このエントリーをはてなブックマークに追加


    ※記載の会社名、製品名は商標または登録商標です。

    salesforce.com

    2019年12月、『Waha! Transformer』は米国発のクラウドサービス「Salesforce.com」(略称:SFDC)とのデータ連携に対応し、V5.2以降のオプション機能として提供を開始しました。



    CDATA SOFTWARE JAPAN - See the World as a Database


    具体的には、データ連携ソリューションの CData Software社が提供する「CData ODBC Driver for Salesforce」を経由した接続になります。

    Waha! Transformer と Salesforce.com のデータ連携機能を提供開始


    SFDCと他のシステムとのデータを連携する場合、SFDCが提供するAPI経由では24時間あたりのAPIコール数(接続要求数)に制限がありますが、「CData Salesforce ODBC Driver」を実装した『Waha! Transformer』で複数のデータ処理タスクをまとめることでAPIコール数を大幅に低減できるとともに、Salesforce.com のAPI接続に関するプログラミングを必要とせずにシームレスなデータ連携を実現します。



    CData ODBC Driver for Salesforce の詳細はこちら



    本機能のプレスリリースはこちら

    ユニリタ、Salesforceユーザの課題であった大量データ連携を実現!

    関連コンテンツ

    社内のデータ活用でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

    導入企業様の事例を資料にまとめました。
    「事例集」ダウンロード
    ご不明点などお気軽にご相談ください。
    お問い合わせ
    30日間、無料で体験いただけます。
    無料体験版

    注目トピック

    ETLとは、デジタルトランスフォーメーションの第一歩となる、データの整理・整頓ツールです

    ETLとは、デジタルトランスフォーメーションの第一歩となる、データの整理・整頓ツールです

    ETLツールとは、「組織の内外に散在するデジタルデータを抽出・収集(Extract)」し、「用途に応じて変換・加工(Transform)を行った上」で、「その先にある格納先に有用な情報として配信・送出(Load)してくれる」ITプロダクトのカテゴリーの一つです。

    データ連携の自動化で正しいデータをスムーズに有効活用

    データ連携の自動化で正しいデータをスムーズに有効活用

    Waha! Transformerは、異なる形式のデータをスムーズに連携・統合する純国産ETL:データ連携ツールです。1999年の提供開始以来、大手企業を中心に1,800ライセンスの導入実績。SQLやプログラミングの知識がなくても使いやすいシンプルな操作性と、圧倒的な処理スピードで組織内外のデータ活用を加速します。

    属人化Excelをデータベース化・情報システム化すべき理由

    属人化Excelをデータベース化・情報システム化すべき理由

    Excel更新ルーティンから解放されたいビジネスパーソンに向けて、Excel集計・加工作業を機械化・自動化する方法について整理してみました。