• 純国産ETL:データ連携ツールのWaha! Transformer > 
  • Marketo と Waha! Transformer のデータ連携機能を提供開始
  • Marketo と Waha! Transformer のデータ連携機能を提供開始

     
    参加登録は今スグ
    データ活用人材の祭典「Waha! Day 2021」~データ連携の先にあるイノベーションの“タネ” ~
    • LINEで送る
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    ※記載の会社名、製品名は商標または登録商標です。



    2020年4月、『Waha! Transformer』はアドビシステムズ社が提供するマーケティングオートメーション「Marketo Engage」とのデータ連携に対応し、V5.2以降のオプション機能として提供を開始しました。

    2019年12月に提供を開始した「Salesforce.com連携」に続き、「Waha! Transformer」の利用ユーザーから要望の多い「Marketo Engage」とのデータ連携機能を実現するため、「CData ODBC Driver for Marketo」に対応するとともに、同製品の販売・サポートも開始しました。

    「Marketo Engage」は、クラウドサービスとしてのAPI連携には対応していますが、顧客管理データベースや販売管理システムのような社内情報システムとのデータ連携には個人情報保護やデータ整形といったハードルがありました。
    「Waha! Transformer」によるデータ連携基盤を介することで、名寄せやデータクレンジングといったデータ整形・変換作業を標準化・自動化し、個人情報をマスキングした上で受け渡しできるようになるなど、オンプレミスやクラウドサービスを問わず、セキュアで精度の高いデータ連携によって、見込み客や顧客とのコミュニケーション履歴を深掘りするデータ分析など、販売生産性の向上を実現します。

    マーケティングオートメーション「Marketo」と既存システム間とのデータ連携をセキュアに実現



    CData ODBC Driver for Marketo の詳細はこちら



    本機能のプレスリリースはこちら

    ユニリタ、クラウドサービス「Marketo」とのデータ連携機能を提供開始

    • LINEで送る
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    関連コンテンツ

    社内のデータ活用でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

    お役立ち情報を資料にまとめました。
    お役立ち資料ダウンロード
    ご不明点などお気軽にご相談ください。
    お問い合わせ
    30日間、無料で体験いただけます。
    無料体験版

    注目トピック

    ETLとは、デジタルトランスフォーメーションの第一歩となる、データの整理・整頓ツールです

    ETLとは、デジタルトランスフォーメーションの第一歩となる、データの整理・整頓ツールです

    ETLツールとは、「組織の内外に散在するデジタルデータを抽出・収集(Extract)」し、「用途に応じて変換・加工(Transform)を行った上」で、「その先にある格納先に有用な情報として配信・送出(Load)してくれる」ITプロダクトのカテゴリーの一つです。

    データドリブン経営やDX推進の壁を突破する「データ活用」のススメ型

    データドリブン経営やDX推進の壁を突破する「データ活用」のススメ型

    DXやデータドリブン経営にいざ取り組むとしても、どこから手をつけたらよいのかわからないというお悩みを聞くことが少なくありません。その第一歩を「データ活用」とした場合に生じるお悩みとその解決策について考察してみました。

    属人化Excelをデータベース化・情報システム化すべき理由

    属人化Excelをデータベース化・情報システム化すべき理由

    Excel更新ルーティンから解放されたいビジネスパーソンに向けて、Excel集計・加工作業を機械化・自動化する方法について整理してみました。

    お役立ち資料

    脱Excelではなく、Excelを生かして業務効率を上げる方法

    脱Excelではなく、
    Excelを生かして
    業務効率を上げる方法

    本ホワイトペーパーでは、数多くの企業が抱えるExcel業務効率化の悩みに対し、3つのステップで最適な回答を示すことで、できる限り分かりやすく解説・整理できればと思います。

    導入実績多数!数字で証明する、ETL/EAI製品をリプレイスした効果!

    海外製ETL/EAIの
    EOS/EOL対策

    2000年代初頭よりデータ連携基盤として多くの企業に導入されたETL/EAI製品。本資料では、お客様がどこに課題を抱いていて、ユニリタのソリューションを選択することでどのような効果があったのかを簡潔明瞭にお伝えいたします。

    データ活用ツールの違い・比較

    データ活用ツールの違い・比較

    ETL ツール「Waha! Transformer」の導入に際して、「データ活用」という観点から一緒に検討されることの多いETL ツールと周辺ツール3種(EAI / BI・DWH / RPA)を比較・整理しました。