• 純国産ETL:データ連携ツールのWaha! Transformer > 
  • Marketo と Waha! Transformer のデータ連携機能を提供開始
  • Marketo と Waha! Transformer のデータ連携機能を提供開始

    • LINEで送る
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    ※記載の会社名、製品名は商標または登録商標です。



    2020年4月、『Waha! Transformer』はアドビシステムズ社が提供するマーケティングオートメーション「Marketo Engage」とのデータ連携に対応し、V5.2以降のオプション機能として提供を開始しました。

    2019年12月に提供を開始した「Salesforce.com連携」に続き、「Waha! Transformer」の利用ユーザーから要望の多い「Marketo Engage」とのデータ連携機能を実現するため、「CData ODBC Driver for Marketo」に対応するとともに、同製品の販売・サポートも開始しました。

    「Marketo Engage」は、クラウドサービスとしてのAPI連携には対応していますが、顧客管理データベースや販売管理システムのような社内情報システムとのデータ連携には個人情報保護やデータ整形といったハードルがありました。
    「Waha! Transformer」によるデータ連携基盤を介することで、名寄せやデータクレンジングといったデータ整形・変換作業を標準化・自動化し、個人情報をマスキングした上で受け渡しできるようになるなど、オンプレミスやクラウドサービスを問わず、セキュアで精度の高いデータ連携によって、見込み客や顧客とのコミュニケーション履歴を深掘りするデータ分析など、販売生産性の向上を実現します。

    マーケティングオートメーション「Marketo」と既存システム間とのデータ連携をセキュアに実現



    CData ODBC Driver for Marketo の詳細はこちら



    本機能のプレスリリースはこちら

    ユニリタ、クラウドサービス「Marketo」とのデータ連携機能を提供開始

    関連コンテンツ

    社内のデータ活用でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

    導入企業様の事例を資料にまとめました。
    「事例集」ダウンロード
    ご不明点などお気軽にご相談ください。
    お問い合わせ
    30日間、無料で体験いただけます。
    無料体験版

    注目トピック

    ETLとは、デジタルトランスフォーメーションの第一歩となる、データの整理・整頓ツールです

    ETLとは、デジタルトランスフォーメーションの第一歩となる、データの整理・整頓ツールです

    ETLツールとは、「組織の内外に散在するデジタルデータを抽出・収集(Extract)」し、「用途に応じて変換・加工(Transform)を行った上」で、「その先にある格納先に有用な情報として配信・送出(Load)してくれる」ITプロダクトのカテゴリーの一つです。

    データ連携の自動化で正しいデータをスムーズに有効活用

    データ連携の自動化で正しいデータをスムーズに有効活用

    Waha! Transformerは、異なる形式のデータをスムーズに連携・統合する純国産ETL:データ連携ツールです。1999年の提供開始以来、大手企業を中心に1,800ライセンスの導入実績。SQLやプログラミングの知識がなくても使いやすいシンプルな操作性と、圧倒的な処理スピードで組織内外のデータ活用を加速します。

    属人化Excelをデータベース化・情報システム化すべき理由

    属人化Excelをデータベース化・情報システム化すべき理由

    Excel更新ルーティンから解放されたいビジネスパーソンに向けて、Excel集計・加工作業を機械化・自動化する方法について整理してみました。