• 純国産ETL:データ連携ツールのWaha! Transformer > 
  • 最新版V5.3.2をリリース。Googleスプレッドシートのデータ連携機能を提供開始
  • 最新版V5.3.2をリリース。Googleスプレッドシートのデータ連携機能を提供開始

    BI・DWH×ETLセミナー
    • LINEで送る
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    Waha! Transformer 最新版「V5.3」をリリースしました。

    ※記載する会社名・製品名・ロゴマーク等は提供元各社の商標・登録商標です。

    「Waha! Transformer」は純国産ETL:データ連携ツールの先駆者として20年を超える歴史を重ね、プロダクトのコア・コンピテンスである処理性能から目をそらすことなく、操作性や取扱いデータ種別などの機能性を着実に高めながら、データ統制における機密性と付加価値生産性(成果・利益)の向上に寄与すべく、トレンド変化にも柔軟に対応しながら進化を続けてまいりました。

    近年では、処理性能×操作性×利便性の3要素を重点に機能向上を進めており、2020年12月18日に提供を開始した「Waha! Transformer V5.3.2」はマイクロ・バージョンアップという位置付けにおいて、機能改善・改修を進めました。

    機能追加のトピックとしては、「CData社製 Google Sheets ODBC Driver」に対応しています。

    CData社製 Active Directory ODBC Driver
    CData社による紹介

    Google シートODBC ドライバーは、ODBC 接続をサポートする任意のアプリケーションからリアルタイムなGoogle スプレッドシートに直接接続できるパワフルなツールです。標準のODBC インタフェースを使用して、オンラインシートの読み、書き、更新を実行できます。
    Googleスプレッドシート(以下、Google Sheets)は、GoogleがSaaS提供している表計算ソフトウェアです。

    Googleスプレッドシート(以下、Google Sheets)は、GoogleがSaaS提供している表計算ソフトウェアです。
    最大の特徴は、無料のGoogleアカウントであっても、複数人による同時編集が可能な点でしょう。

    例えば、Google Sheetsで作成した見込み客リストに対し、複数の営業担当者が同時にコンタクト履歴を記録するようなシーンでも、以前までであれば個々人のPCにあるExcelファイルを持ち寄ってマージしていた作業が不要になるなど、大幅な作業効率の向上とスピードアップが期待できます。

    一方、 Google Sheets はクラウドストレージの「Googleドライブ」上にファイル単位で保存されているだけであることから、ERP や SFA といった各種業務アプリケーションとそのままでは連携できないため、複数のデータソースを横断したデータ集計の自動化といった側面では課題があります。

    Waha! Transformer に CData Software社製 Google Sheets ODBCドライバーを追加

    Waha! Transformer に CData Software社製 Google Sheets ODBCドライバーを追加することで、月次予実のような定型帳票のシートを特定して、各種業務アプリケーションのデータを自動でシート追加・上書き更新できるようになるので、鮮度と精度の高いデータ活用が推進できます。

    詳細は、お気軽にお問い合わせください。

    御社の基幹システムが“Excel”になっていませんか?

    オンライン開催! 参加無料!
    Excel定型作業の機械化・自動化セミナー
    お申し込みはこちらから

    関連コンテンツ

    社内のデータ活用でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

    お役立ち情報を資料にまとめました。
    お役立ち資料ダウンロード
    ご不明点などお気軽にご相談ください。
    お問い合わせ
    30日間、無料で体験いただけます。
    無料体験版

    注目トピック

    ETLとは、デジタルトランスフォーメーションの第一歩となる、データの整理・整頓ツールです

    ETLとは、デジタルトランスフォーメーションの第一歩となる、データの整理・整頓ツールです

    ETLツールとは、「組織の内外に散在するデジタルデータを抽出・収集(Extract)」し、「用途に応じて変換・加工(Transform)を行った上」で、「その先にある格納先に有用な情報として配信・送出(Load)してくれる」ITプロダクトのカテゴリーの一つです。

    データドリブン経営やDX推進の壁を突破する「データ活用」のススメ型

    データドリブン経営やDX推進の壁を突破する「データ活用」のススメ型

    DXやデータドリブン経営にいざ取り組むとしても、どこから手をつけたらよいのかわからないというお悩みを聞くことが少なくありません。その第一歩を「データ活用」とした場合に生じるお悩みとその解決策について考察してみました。

    属人化Excelをデータベース化・情報システム化すべき理由

    属人化Excelをデータベース化・情報システム化すべき理由

    Excel更新ルーティンから解放されたいビジネスパーソンに向けて、Excel集計・加工作業を機械化・自動化する方法について整理してみました。

    お役立ち資料

    脱Excelではなく、Excelを生かして業務効率を上げる方法

    脱Excelではなく、
    Excelを生かして
    業務効率を上げる方法

    本ホワイトペーパーでは、数多くの企業が抱えるExcel業務効率化の悩みに対し、3つのステップで最適な回答を示すことで、できる限り分かりやすく解説・整理できればと思います。

    導入実績多数!数字で証明する、ETL/EAI製品をリプレイスした効果!

    海外製ETL/EAIの
    EOS/EOL対策

    2000年代初頭よりデータ連携基盤として多くの企業に導入されたETL/EAI製品。本資料では、お客様がどこに課題を抱いていて、ユニリタのソリューションを選択することでどのような効果があったのかを簡潔明瞭にお伝えいたします。

    データ活用ツールの違い・比較

    データ活用ツールの違い・比較

    ETL ツール「Waha! Transformer」の導入に際して、「データ活用」という観点から一緒に検討されることの多いETL ツールと周辺ツール3種(EAI / BI・DWH / RPA)を比較・整理しました。