• 純国産ETL:データ連携ツールのWaha! Transformer > 
  • データ加工連携を「ユニバーサル」に
  • Waha! Transformer 新バージョンV6.0リリース

    データ加工連携を「ユニバーサル」に

     
    すべての資料をまとめてダウンロード
    • LINEで送る
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    データ加工連携を「ユニバーサル」に
    データ加工連携を「いつでも、どこでも、だれにでも」

    DX課題から見えるデータ加工連携の重要性

    企業がデジタル・トランスフォーメーション(DX)を推進する際に、「既存システムから必要なデータが取り出せない」ことが課題となることがあります。
    総務省の令和3年版 情報通信白書によると、40%を超える企業が上記課題を持っていると回答しています(※)。

    企業活動の中で、今後も増え続けていくデータを「活用したいが、活用できない」この状況を解消するためには、データを連携・加工する基盤が必要不可欠です。

    株式会社ユニリタは、お客様のビジネスイノベーションを「ユニバーサル」により実現します。


    ※出典:令和3年版 情報通信白書 第1章 第2節 企業活動におけるデジタル・トランスフォーメーションの現状と課題
    図表1-2-4-26 デジタル・トランスフォーメーションの課題(既存システム) より
    https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei//whitepaper/ja/r03/html/nd112490.html

    Queryオプションの構成イメージ

    出展:令和3年版 情報通信白書 第1章 第2節 企業活動におけるデジタル・トランスフォーメーションの現状と課題
    図表1-2-4-26 デジタル・トランスフォーメーションの課題(既存システム)

    ビジネスイノベーションをデータ加工連携で「ユニバーサル」に導く

    プロダクトビジョン:ユニバーサル ~いつでも、どこでも、だれにでも~

    一般的に「ユニバーサル」とは、「普遍的な」「すべての人の」と訳され、「だれもが~しやすい」「だれもが~できる」という意味で使われています。

    ユニリタの目指す「ユニバーサル」は、データがつながり、業務がつながり、データが活用される。
    これらを「いつでも、どこでも、だれにでも」で実現すること。

    データが時間や場所にとらわれずより多くの人へ提供されることで、組織が活性化しDXなどの企業課題もより早く解決できるようになります。

    ユニリタはお客様のビジネスイノベーションを「ユニバーサル」により実現します。

    データ加工連携の「ユニバーサル」を実現する
    純国産ノーコードETLツール - Waha! Transformer V6.0

    Waha! Transformer とは

    社内外に点在するクラウドサービス上のデータや社外からの授受データ、社内の基幹系システムなどの各種システムを、「いつでも、どこでも、だれにでも」。
    ノーコード開発でデータ加工連携の「ユニバーサル」を実現する純国産ETLツールです。

    データが時間や場所にとらわれずより多くの人へ提供されることで、組織が活性化しDXなどの企業課題もより早く解決できるようになります。

    簡単・高速・信頼の純国産ETL:データ連携ツール「Waha! Transformer」

    3つのポイント「いつでも、どこでも、だれにでも」

    ビジネスに必要なデータを「いつでも、どこでも、だれにでも」。ノーコード開発でデータ加工連携するための機能やラインナップが充実しています。

    「いつでも」: お客様の用途に応じた豊富な製品サービスラインナップ

    まずは1カ月~利用可能。POC検証や部門での利用でスモールスタート。
    インフラを含むPaaSやSaaSで、短期間にデータ加工連携環境がはじめられます。複数部門の共有や全社規模の導入にも対応できます。

    • 利用料(月額、年額 [1年/3年/5年] )、ライセンス購入、コピーフリー
    • PaaS(Waha! Analysis Platformなど)、SaaS(ちょこっとデータ加工/変換)
    • BPO・フルアウトソーシング(まるっとデータ変換・加工クラウドサービス)

    「どこでも」: IoTデータやクラウドサービス連携を拡充 - どこでもデータがつながる

    センサーデータなどミリ秒単位のデータにも対応でき大量データ業務処理をさらに拡大しました。
    Iotデータや社内外データ連携からBIなどのデータ活用へつながり、DX推進へ貢献します。
    kintoneやSalesforceなどのクラウドサービス上の業務データと、オンプレミス社内システムとの連携も簡単に行えます。

    • IoTデータ対応、クラウドアプリケーション連携強化
    • 仮想環境のIaaS・Paas環境下でのコア自動拡張対応でBigData処理対応
    • セキュリティ機能(秘密鍵)を標準化
    • クラウド転送 SFTP、FTPSに対応

    「だれにでも」: バックオフィス部門や管理部門での企業内の利用対象を拡大 - データ加工連携をだれにでも提供

    IT部門によるデータ加工連携の生産性向上だけにとどまらず、バックオフィスや管理部門の方が直接ブラウザ画面からデータ加工処理の実行を操作できます。
    データを活用したいすべての人が必要なときに必要なデータを取り出すことができるデータ加工連携基盤となり、DXを加速します。

    • 利用範囲拡大:Waha! Transformerをサービス起動・サービス利用
    • バックオフィス利用も促進するブラウザ実行(Waha! REST API提供)
    • 簡易BI/Query機能:クリックだけでクロス集計
    • さらに開発しやすい体系(開発サーバ、スタンドアロン版)
    • 統制管理強化:各ユーザの利用状況を把握し、企業での全社的な統制が可能

    Waha! Transformer 利用シーン

    DXに端を発するデータ再構築やEDIデータ連携、Excel作業機械化、クラウドサービス連携など、業種・業態を問わずデータ連携に関するさまざまな場面で利用できます。

    • 「営業事務担当者」向けに、販売管理ERPと顧客管理SFAのデータをまとめ重要顧客傾向を取得
    • 「管理職」向けに、財務会計ERPをもとに分析軸を追加した管理会計用の部門別P/Lデータを早期開示
    • 「人事部門」向けに、人事管理から社員情報を取得し契約に沿った報告書作成と稼働管理から人員稼働を把握
    • 「生産管理」部門向けに、改善を目的とした企業内の情報(ヒト・モノ・カネ)を統合して情報活用へ


    自社のノウハウをWebサービス化
    【いつでも】

    株式会社オーカワパン

    株式会社オーカワパン様

    「Webサービスの利用者が増えてもライセンス課金が増えない。属人化が防げている点も大きなメリットです」

    AI-OCR・RPAなど多様な連携
    【どこでも】

    鈴与株式会社・アライズイノベーション株式会社

    鈴与株式会社様・アライズイノベーション株式会社様

    「デジタルへシフトしていくことは、お客さまへの貢献だけでなく、現場で働くメンバーに対しても柔軟な働き方が提供できます。」

    データ加工連携でDX推進
    【だれにでも】

    株式会社アテナ

    株式会社アテナ様

    「Waha! Transformerのおかげで誰もが効率的に作業できるようになったのは大きい。社内のDX推進にも大きく貢献しています」

     

    大手企業を中心に2,300ライセンス以上の導入実績

    1999年の提供開始以来20年以上の運用実績を誇るWaha! Transformerは、経済界にとどまらず、公共団体や医療・教育機関など多くのお客様から支持されています。
    おかげさまで導入実績は2,300ライセンスを越え、これからも継続していきます。安心して Waha! Transformer をご検討ください。

    • お客様の用途に応じた豊富な製品サービスラインナップ
      利用料、ライセンス購入、PaaS、SaaS、BPOまるっとおまかせも可能
    • IoTデータなどの大量データ・BigData対応。高速実行・安定稼働の実績
      1,000億データ対応、AWS,Azure等のCPUスケールも対応
    • IT部門・エンタープライズの実績はもちろん、バックオフィス系でも利用
      データの流れをつくるだけ!ノーコード開発で、複雑なデータ加工連携を実現
    • 自社開発・充実したサポート体制で安心安全に継続
      24時間受付可能なWebサポートセンター。自社開発だからきめ細かい対応
    • ETLツールご検討時のノウハウ情報提供
      Waha! Transformer製品サイト、コミュニティサイトからの情報発信、セミナーイベントのアーカイブ配信、体験版の提供
    データ活用人材の祭典「Waha! Day 2022」~鍵はデータ。結んで始めるデータイノベーション~

    データ活用人材の祭典「Waha! Day 2022」
    ~鍵はデータ。結んで始めるデータイノベーション~)  限定500人まで

    Waha!= Wakuwaku と aha!体験」を提供する、ビジネスカンファレンスです。
    昨年度のテーマ「データ連携の先にあるイノベーションの“タネ” 」に引き続き、今年度も「イノベーション」をイベントテーマのキーワードにしました。
    企業内のデータで業務を結びビジネスに変化をもたらしたお客様事例や、 「ビジネスに必要なデータをいつでも、どこでも、だれにでも」を実現する「ユニバーサル」の取り組みを紹介いたします。

    開催日:2022年10月21日(金)  好評受付中

    • LINEで送る
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    関連コンテンツ

    社内のデータ活用でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

    お役立ち情報を資料にまとめました。
    お役立ち資料ダウンロード
    ご不明点などお気軽にご相談ください。
    お問い合わせ
    30日間、無料で体験いただけます。
    無料体験版

    注目トピック

    ETLとは、デジタルトランスフォーメーションの第一歩となる、データの整理・整頓ツールです

    ETLとは、デジタルトランスフォーメーションの第一歩となる、データの整理・整頓ツールです

    ETLツールとは、「組織の内外に散在するデジタルデータを抽出・収集(Extract)」し、「用途に応じて変換・加工(Transform)を行った上」で、「その先にある格納先に有用な情報として配信・送出(Load)してくれる」ITプロダクトのカテゴリーの一つです。

    データドリブン経営やDX推進の壁を突破する「データ活用」のススメ型

    データドリブン経営やDX推進の壁を突破する「データ活用」のススメ型

    DXやデータドリブン経営にいざ取り組むとしても、どこから手をつけたらよいのかわからないというお悩みを聞くことが少なくありません。その第一歩を「データ活用」とした場合に生じるお悩みとその解決策について考察してみました。

    データ連携の自動化で正しいデータをスムーズに有効活用

    データ連携の自動化で正しいデータをスムーズに有効活用

    データ活用でこのようなご不満をお持ちではありませんか?
    ✅ 異なるシステムのデータをうまく連携できない
    ✅ データ活用に必要な手作業での前処理・データ加工が膨大にある
    ✅ 一部のITリテラシーの高いメンバーに負荷が集中してしまう

    Waha! Transformerなら、データ活用までに必要な変換・加工作業を大幅削減できます!

    お役立ち資料

    脱Excelではなく、Excelを生かして業務効率を上げる方法

    脱Excelではなく、
    Excelを生かして
    業務効率を上げる方法

    本ホワイトペーパーでは、数多くの企業が抱えるExcel業務効率化の悩みに対し、3つのステップで最適な回答を示すことで、できる限り分かりやすく解説・整理できればと思います。

    導入実績多数!数字で証明する、ETL/EAI製品をリプレイスした効果!

    海外製ETL/EAIの
    EOS/EOL対策

    2000年代初頭よりデータ連携基盤として多くの企業に導入されたETL/EAI製品。本資料では、お客様がどこに課題を抱いていて、ユニリタのソリューションを選択することでどのような効果があったのかを簡潔明瞭にお伝えいたします。

    データ活用ツールの違い・比較

    データ活用ツールの違い・比較

    ETL ツール「Waha! Transformer」の導入に際して、「データ活用」という観点から一緒に検討されることの多いETL ツールと周辺ツール3種(EAI / BI・DWH / RPA)を比較・整理しました。