• 純国産ETL:データ連携ツールのWaha! Transformer > 
  • BI・DWH+ETLをワンストップでクラウド:PaaS提供開始
  • BI・DWH+ETLをワンストップでクラウド:PaaS提供開始

     
    セミナーの詳細
    BI・DWH×ETLセミナー
    • LINEで送る
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    2021年3月16日、ユニリタではBI・DWH+ETLをワンストップでクラウド:PaaS提供する「Waha! Analysis Platform」をリリースしました。

    今年2月に公表させていただいた「Waha! Transformer ご利用状況アンケート」の中で、「BI・DWHとETL:Waha! TransformerをワンストップでPaaS提供する新サービスを準備中です。ご興味はありますか?」と質問させていただいた新サービスです。

    『超高速データ活用プラットフォーム:Waha! Analysis Platform』のデータフロー
    『超高速データ活用プラットフォーム:Waha! Analysis Platform』のデータフロー

    クラウドシフト・クラウドリフトと呼ばれる昨今のトレンドは、withコロナによるテレワークの浸透も相まって加速する一方です。

    今回リリースした「Waha! Analysis Platform」を筆頭に、純国産ETL:データ連携ツールを中核とした「Waha! Transformer」シリーズとして、お客様のご要望に合わせた新サービスを積極的にリリースしてまいりますので、どうぞご期待ください。

    データ活用ツールの違い・比較資料のダウンロード
    データ活用ツールの違い・比較資料がダウンロードできます。
    ETL ツールと周辺ツール3種(EAI / BI・DWH / RPA )との比較表およびツールごとの解説をまとめたホワイトペーパーをダウンロードしていただけます。

    ▼本件プレスリリースはこちら

    純国産ETL製品をウイングアーク1stのBI・DWH製品とワンストップでPaaS提供|Create Your Business Value ユニリタ
     ユニリタの『Waha! Transformer』(ワハ・トランスフォーマー)は、純国産のETL:データ連携ツールとして1999年に発売以来、データ分析のためのDWH:データウェアハウス向けのデータ処理をはじめ、ERP・基幹系システム再構築におけるデータ移行、EDI:企業間データ連携、ビッグデータ時代のIoTやRPAなど国内IT市場の変遷とともに、増え続けるデータの収集・変換・加工などシステム間連携を必要とする組織の課題に対応するため、機能拡張を続けてきました。

     また、ウイングアーク1stのデータ基盤製品『Dr.Sum』(ドクター・サム)は、データ集計・分析プラットフォームとして2001年に発売、『MotionBoard』(モーションボード)はBIダッシュボードとして2011年に発売し、それぞれのカテゴリーにおける国産製品のトップランナーとなっています。

     このたび、両社それぞれのベストセラー・ロングセラー製品であるBI・DWH+ETLで構成されるデータ活用アプリケーション群を、『ユニリタクラウド』をインフラとしてワンストップでPaaS提供する体制を構築し、販売を開始いたしました。

    ▼同時公開した当サイトのコンテンツはこちら
    データ活用とは経営資源:ヒト・モノ・カネ・情報が有効活用できること
    データドリブン経営やDX推進の壁を突破する「データ活用」のススメ型

    エンタープライズ環境におけるBI・DWH+ETL構成のデータ活用基盤をとして、純国産ETL:データ連携ツール「Waha! Transformer」と、BI・DWHツールの「Dr.Sum」、BIダッシュボードの「MotionBoard」という3つのプロダクトをユニリタクラウドに構築、ワンストップでPaaS提供しています。

    DX の第一歩はシームレスなデータ連携基盤の整備から

    オンライン開催! 参加無料!
    「データ活用ツールの違い・比較」ホワイトペーパーの解説講座
    お申し込みはこちらから

    執筆者情報:

    ユニリタ Waha! Transformerチーム

    株式会社ユニリタ ITイノベーション部

    PM・SEに限らず多様な経験・知見を持ったメンバーが、「データ活用」という情報システム部門の一丁目一番地でお役に立つべく集められました。

    • LINEで送る
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    関連コンテンツ

    社内のデータ活用でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

    お役立ち情報を資料にまとめました。
    お役立ち資料ダウンロード
    ご不明点などお気軽にご相談ください。
    お問い合わせ
    30日間、無料で体験いただけます。
    無料体験版

    注目トピック

    ETLとは、デジタルトランスフォーメーションの第一歩となる、データの整理・整頓ツールです

    ETLとは、デジタルトランスフォーメーションの第一歩となる、データの整理・整頓ツールです

    ETLツールとは、「組織の内外に散在するデジタルデータを抽出・収集(Extract)」し、「用途に応じて変換・加工(Transform)を行った上」で、「その先にある格納先に有用な情報として配信・送出(Load)してくれる」ITプロダクトのカテゴリーの一つです。

    データドリブン経営やDX推進の壁を突破する「データ活用」のススメ型

    データドリブン経営やDX推進の壁を突破する「データ活用」のススメ型

    DXやデータドリブン経営にいざ取り組むとしても、どこから手をつけたらよいのかわからないというお悩みを聞くことが少なくありません。その第一歩を「データ活用」とした場合に生じるお悩みとその解決策について考察してみました。

    属人化Excelをデータベース化・情報システム化すべき理由

    属人化Excelをデータベース化・情報システム化すべき理由

    Excel更新ルーティンから解放されたいビジネスパーソンに向けて、Excel集計・加工作業を機械化・自動化する方法について整理してみました。

    お役立ち資料

    脱Excelではなく、Excelを生かして業務効率を上げる方法

    脱Excelではなく、
    Excelを生かして
    業務効率を上げる方法

    本ホワイトペーパーでは、数多くの企業が抱えるExcel業務効率化の悩みに対し、3つのステップで最適な回答を示すことで、できる限り分かりやすく解説・整理できればと思います。

    導入実績多数!数字で証明する、ETL/EAI製品をリプレイスした効果!

    海外製ETL/EAIの
    EOS/EOL対策

    2000年代初頭よりデータ連携基盤として多くの企業に導入されたETL/EAI製品。本資料では、お客様がどこに課題を抱いていて、ユニリタのソリューションを選択することでどのような効果があったのかを簡潔明瞭にお伝えいたします。

    データ活用ツールの違い・比較

    データ活用ツールの違い・比較

    ETL ツール「Waha! Transformer」の導入に際して、「データ活用」という観点から一緒に検討されることの多いETL ツールと周辺ツール3種(EAI / BI・DWH / RPA)を比較・整理しました。