• 純国産ETL:データ連携ツールのWaha! Transformer > 
  • イベント・セミナー情報 > 
  • 基幹系システム刷新時のデータ移行「17のあるあるをチェック!」セミナー
  • DX推進に向け、システム刷新を企画中のITマネージャー必見!

    基幹系システム刷新時のデータ移行「17のあるあるをチェック!」セミナー

    • LINEで送る
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    「2025年の崖」に立ち向かう対策を洗い出す!

    基幹系システムの刷新は、組織によっては10年に一度の一大プロジェクトです。

    経済産業省による「DXレポート」でも言及された「2025年の崖」も踏まえ、メインフレームやオフコンからERPへの移行、既存ERPのEOS/EOL対策といった基幹系システムの刷新時に、必ず発生するデータ移行およびシステム間のデータ連携で陥りがちな「あるあるポイント」とその対策をお伝えいたします。

    基幹系システム刷新時のデータ移行「17のあるあるをチェック!」セミナー

    基幹系システムのデータ移行やシステム間のデータ連携に、はじめて取り組むITマネージャーも少なくないと思われます。 本セミナーでは、新旧システムのデータ移行に関連して見過ごされがちな「あるあるチェックリスト」をご提供し、チェック項目ごとに具体的にどのような対策が有効なのか、わかりやすく具体的にお伝えします。

    基幹系システムの刷新を企画中、あるいはすでに実施中のITマネージャーはもちろん、提案予定のSI技術者必見の内容となっていますので、お気軽にお申し込みください。

    基幹系システム刷新時のデータ移行「17のあるあるをチェック!」セミナー

    本セミナー受講のメリット

    • 基幹系システム刷新時のデータ移行、システム間データ連携に関する課題をリストアップできる
    • 明らかになった課題の対策を、自社環境に当てはめて具体的にイメージできるようになる

    開催日:

    • 2021/10/29(金)
    • 2021/12/8(水)

    場所:オンライン開催 ※ウェビナーツール:Zoomを利用します。

    プログラム

    14:50~ 受付開始
    15:00~16:20 「17のあるあるチェックリスト」データ移行・連携編
    事例および活用シーンのご紹介
    サービスメニューのご紹介、操作デモ
    16:20~ 質疑応答、アンケート記入
    ~16:30 セミナー終了
    16:40~ 個別相談

    ※プログラムは変更になる場合がありますのであらかじめご了承ください。

    講師紹介

    ※開催日により担当講師が異なる場合があります。

    大嶋 亜希子

    ITイノベーション部
    プロダクトマーケティンググループ

    キャリア採用の1年目、これまでにネットワーク製品やWeb媒体の営業・お客様サポートに携わってきた経験を踏まえ、お客様のビジネスにデータ活用でお役に立てるよう、提案活動に邁進中です。

    松岡 親司

    ITイノベーション部
    プロダクトマーケティンググループ

    ユニリタに入社から20年、データウェアハウス分野一筋でフィールドSEからプリセールス迄、様々なお客様に携わってきました。

    佐々木 勉

    ITイノベーション部 部長代理

    データ活用領域のSE経験を経て、現在プロダクトマーケティングとプリセールスを担当しています。導入実績2000ライセンスを数える本製品の製品選定のポイントを、導入に至った多くのお客様の声と共にお伝えいたします。

    こんな方々におすすめ

    • 基幹系システムの刷新について検討・実施中のITマネージャー
    • システム間のデータ移行・連携に課題をお持ちの情報システム部門の方
    • 前記課題をお持ちのユーザーを担当しているSI技術者

    定員

    10名

    ※最少開催人数:2名
    ※定員の都合上、原則1社様2名迄とさせていただきます。
    3名を超えるエントリーをご希望される方は、お問い合わせください。

    費用

    無料(事前登録制)

    受講環境

    ▼ウェビナーツール:Zoomを利用します。
    ・最新版Zoomクライアント https://zoom.us/download

    ※IE以外、ChromeやEdgeなどのWEBブラウザでもご参加いただけます。

    お申し込み

    参加を希望される日程をお選びいただき、お申し込みフォームに必要事項を入力のうえ、お申し込みください。

    開催日
    2021/8/13(金)受付終了
    2021/10/29(金)受付中
    10/29(金)に申し込む
    2021/12/8(水)受付中
    12/8(水)に申し込む
    • LINEで送る
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    関連コンテンツ

    社内のデータ活用でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

    お役立ち情報を資料にまとめました。
    お役立ち資料ダウンロード
    ご不明点などお気軽にご相談ください。
    お問い合わせ
    30日間、無料で体験いただけます。
    無料体験版

    注目トピック

    ETLとは、デジタルトランスフォーメーションの第一歩となる、データの整理・整頓ツールです

    ETLとは、デジタルトランスフォーメーションの第一歩となる、データの整理・整頓ツールです

    ETLツールとは、「組織の内外に散在するデジタルデータを抽出・収集(Extract)」し、「用途に応じて変換・加工(Transform)を行った上」で、「その先にある格納先に有用な情報として配信・送出(Load)してくれる」ITプロダクトのカテゴリーの一つです。

    データドリブン経営やDX推進の壁を突破する「データ活用」のススメ型

    データドリブン経営やDX推進の壁を突破する「データ活用」のススメ型

    DXやデータドリブン経営にいざ取り組むとしても、どこから手をつけたらよいのかわからないというお悩みを聞くことが少なくありません。その第一歩を「データ活用」とした場合に生じるお悩みとその解決策について考察してみました。

    属人化Excelをデータベース化・情報システム化すべき理由

    属人化Excelをデータベース化・情報システム化すべき理由

    Excel更新ルーティンから解放されたいビジネスパーソンに向けて、Excel集計・加工作業を機械化・自動化する方法について整理してみました。

    お役立ち資料

    脱Excelではなく、Excelを生かして業務効率を上げる方法

    脱Excelではなく、
    Excelを生かして
    業務効率を上げる方法

    本ホワイトペーパーでは、数多くの企業が抱えるExcel業務効率化の悩みに対し、3つのステップで最適な回答を示すことで、できる限り分かりやすく解説・整理できればと思います。

    導入実績多数!数字で証明する、ETL/EAI製品をリプレイスした効果!

    海外製ETL/EAIの
    EOS/EOL対策

    2000年代初頭よりデータ連携基盤として多くの企業に導入されたETL/EAI製品。本資料では、お客様がどこに課題を抱いていて、ユニリタのソリューションを選択することでどのような効果があったのかを簡潔明瞭にお伝えいたします。

    データ活用ツールの違い・比較

    データ活用ツールの違い・比較

    ETL ツール「Waha! Transformer」の導入に際して、「データ活用」という観点から一緒に検討されることの多いETL ツールと周辺ツール3種(EAI / BI・DWH / RPA)を比較・整理しました。