• 純国産ETL:データ連携ツールのWaha! Transformer > 
  • ITガバナンス:内部統制モニタリング
  • ITガバナンス:内部統制モニタリング

    必要なのは監査ログ閲覧ではなく業務の正当性がチェックできる事!

     
    すべての資料をまとめてダウンロード

    悩み

    IT監査の対象増加により、業務の正当性をチェックするためのモニタリングが負担になっている

    解決!

    モニタリング対象のデータ収集作業を自動化することにより、監査対象が増加しても人的負担を増やさずに対応できます

    悩み

    監査法人から指摘を受けた場合、現在の仕組みでは柔軟にデータ提供できない

    解決!

    監査法人からの指摘にも柔軟に対応できるよう、既存のデータ収集基盤を活用し、不足分を補完します

    悩み

    ITガバナンス:内部統制の重要度が高まり、監査対象業務が増加したが、迅速に対処することができない

    解決!

    監査対象業務が増加しても、データ収集ツールのテンプレート活用により、人的リソースを増やすことなく対応できます

    悩み

    過去に構築した仕組みが老朽化しているため、最新の仕組みに刷新したい

    解決!

    過去に構築した資産を有効活用し、不足分を補完することでITガバナンス:内部統制の有効性を継続評価します

    ソリューションの特長

    データ突合作業の自動化

    安心して利用できる日本製品

    ログデータの自動突合機能により、これまで手作業で実施してきた監査ログの突合と目視によるチェックを自動化し、ITコントロール目標の1つである「業務の正当性」を示すことができます。

    短期間でのデータ収集基盤構築

    コスト削減から攻めのITまで

    豊富なノウハウを凝縮したテンプレートを活用し、個別での設計や開発工程を極小化することで短期間でのデータ収集構築を実現します。

    マルチデータソース対応

    シンプル操作・高メンテナンス性

    メインフレーム、オープン系、クラウドなど、RDBに代表される多様なデータソースに対応しているため、ログの収集、加工、突合が可能です。

    その他の特長

    一度に複数のログデータとの突合ができるため、万が一、情報漏えいがあったような場合にも、早期検出や追跡が可能です。

    ビフォーアフター

    ログデータの収集から突合までを自動化し、リアルタイムモニタリングを実現

    ビフォーアフター

    活用例

    業種:印刷業 従業員規模:1,000名以上 導入部門:IT部門

    課題

    • 個人情報を取り扱う関係上、不正流出の際に問題になるログの取得・監査や、被害の最小化とリスクの拡散が抑止できる仕組みが必要。
    • また、個人情報漏えいに対する意識向上やログデータ活用に関するPDCAを検討。

    提案

    さまざまなシステムからログを収集し、管理・突合できるログデータ管理基盤の提供

    • システムログを自動収集・加工することでログの突合作業を自動化。
    • ログデータの集中管理により、検索・追跡が容易にできるログデータ管理基盤を提供。

    効果

    • ログデータの集中管理により、追跡が可能に。
    • 監査のためのログ突合作業を自動化。従来3人月もかかっていた工数が5人日に。
    • ログデータ活用のPDCAによって、全社のセキュリティの意識が向上。
    データ活用ツールの違い・比較資料のダウンロード

    データ活用ツールの違い・比較資料がダウンロードできます。

    ETL ツールと周辺ツール3種(EAI / BI・DWH / RPA )との比較表およびツールごとの解説をまとめたホワイトペーパーをダウンロードしていただけます。

    「2025年の崖」に立ち向かう対策を洗い出す!

    オンライン開催! 参加無料!
    基幹系システム刷新時のデータ移行「17のあるあるをチェック!」セミナー
    お申し込みはこちらから

    社内のデータ活用でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

    お役立ち情報を資料にまとめました。
    お役立ち資料ダウンロード
    ご不明点などお気軽にご相談ください。
    お問い合わせ
    30日間、無料で体験いただけます。
    無料体験版

    注目トピック

    ETLとは、デジタルトランスフォーメーションの第一歩となる、データの整理・整頓ツールです

    ETLとは、デジタルトランスフォーメーションの第一歩となる、データの整理・整頓ツールです

    ETLツールとは、「組織の内外に散在するデジタルデータを抽出・収集(Extract)」し、「用途に応じて変換・加工(Transform)を行った上」で、「その先にある格納先に有用な情報として配信・送出(Load)してくれる」ITプロダクトのカテゴリーの一つです。

    データドリブン経営やDX推進の壁を突破する「データ活用」のススメ型

    データドリブン経営やDX推進の壁を突破する「データ活用」のススメ型

    DXやデータドリブン経営にいざ取り組むとしても、どこから手をつけたらよいのかわからないというお悩みを聞くことが少なくありません。その第一歩を「データ活用」とした場合に生じるお悩みとその解決策について考察してみました。

    データ連携の自動化で正しいデータをスムーズに有効活用

    データ連携の自動化で正しいデータをスムーズに有効活用

    データ活用でこのようなご不満をお持ちではありませんか?
    ✅ 異なるシステムのデータをうまく連携できない
    ✅ データ活用に必要な手作業での前処理・データ加工が膨大にある
    ✅ 一部のITリテラシーの高いメンバーに負荷が集中してしまう

    Waha! Transformerなら、データ活用までに必要な変換・加工作業を大幅削減できます!

    お役立ち資料

    脱Excelではなく、Excelを生かして業務効率を上げる方法

    脱Excelではなく、
    Excelを生かして
    業務効率を上げる方法

    本ホワイトペーパーでは、数多くの企業が抱えるExcel業務効率化の悩みに対し、3つのステップで最適な回答を示すことで、できる限り分かりやすく解説・整理できればと思います。

    導入実績多数!数字で証明する、ETL/EAI製品をリプレイスした効果!

    海外製ETL/EAIの
    EOS/EOL対策

    2000年代初頭よりデータ連携基盤として多くの企業に導入されたETL/EAI製品。本資料では、お客様がどこに課題を抱いていて、ユニリタのソリューションを選択することでどのような効果があったのかを簡潔明瞭にお伝えいたします。

    データ活用ツールの違い・比較

    データ活用ツールの違い・比較

    ETL ツール「Waha! Transformer」の導入に際して、「データ活用」という観点から一緒に検討されることの多いETL ツールと周辺ツール3種(EAI / BI・DWH / RPA)を比較・整理しました。