• 純国産ETL:データ連携ツールのWaha! Transformer > 
  • トピック > 
  • 営業レポート作成作業の自動化
  • 営業レポート作成作業の自動化

    • LINEで送る
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    SFAや販売管理システムのデータをExcelレポートに簡単出力

    我が国でも2000年代に普及したSFA:Sales Force Automationは、顧客コミュニケーションにおけるToDoやマイルストーン管理の自動化を起点に、販売生産性向上を目指す組織で活用されるようになってきました。
    一方で、見積り~受注~納品~売上のような定量データは販売管理システムがベースになることが少なくなく、SFAと販売管理から抽出したデータをExcelでマージして報告書を作成するといったルーティンについては、生産性向上の余地が残っているとも言えます。 本トピックでは、営業レポート作成作業を自動化する仕組みとして、月次だけでなく日次や週次であっても人手をかけずにExcel帳票を発行する方法をご紹介します。

    悩み

    複数の業務システムからのデータ抽出をIT 部門に依頼するため、入手まで時間がかかる

    解決!

    レポート作成者がシンプルな操作で複数のシステムから直接データの抽出が行えます

    悩み

    個々のレポート作成が属人化しており、作成者ごとにフォーマットがバラバラ

    解決!

    Excel ファイルをあらかじめ指定することで、定型フォーマットのレポートを作成します

    悩み

    Excel の転記や集計・加工などを手作業で行う為に人為的なミスが発生する

    解決!

    手作業の処理を自動化することで作
    業の効率化とミスの発生を防ぎます

    ソリューションの特長

    シンプルデータ抽出

    シンプルデータ抽出

    ブラウザ画面で1クリックすることで様々な業務システムからデータが抽出できます。

    属人化を解決

    属人化の解消

    指定したExcelファイルにデータを出力することでレポート作成の効率化と統一化が図れます。

    人為的ミスの防止

    人為的ミスの防止

    ツールの利用でデータ転記・集計などを自動化・効率化し、ミスの防止やデータの品質向上が図れます。

    ソリューション概要図

    収集、集計、加工などの定型業務は自動化し、業務効率化を実現

    営業マネージャー向けレポートに必要なさまざまなシステムの情報をシンプルな操作で抽出し、Excel 出力、レポート作成を効率化します

    活用例1

    業種:小売業 従業員規模:250名 導入部門:経営企画室

    課題

    • SFAには案件と売上実績のデータがあるが、営業活動の経費データは他の経費精算システムから情報システム部に依頼して提供してもらっている。
    • 営業部門の活動報告は各チームからバラバラなフォーマットのExcelファイルで届く為、それらを集計して資料へ手作業で反映するなど作業時間が掛かっている。

    提案

    様々なシステムから必要なデータを簡単に抽出し、Excelに出力できるソリューションを提供。

    • SFAはもちろん他の業務システムのデータもレポート作成者が必要なタイミングで簡単に抽出。

    効果

    • レポート作成者自身で各システムからデータ抽出できるため、作業スピードがUP。
    • フォーマットを統一したExcelファイルに出力することで集計処理を自動化。

    活用例2

    業種:製造業 従業員規模:500名 導入部門:情報システム部

    課題

    • 社内会議や営業活動レポートに必要な情報を各業務システムから抽出・集計して担当部門へ提供している。
    • Excelでコストと利益の計算を手作業で行っており、膨大な手間が掛かっている。

    提案

    Excelを活用したレポート作成業務を効率化できるソリューションを提供。

    • Excelによる定型レポート作成やデータ集計・二次加工を効率化し、手作業によるミスを削減。

    効果

    • レポート作成に必要な各業務システムからのデータ抽出・集計を完全に自動化。
    • 手作業によるExcelの転記・集計が不要となり、作業ミスが大幅に削減。
    • 情報システム部への依頼が無くなり、本来の業務に集中。

    資料ダウンロード

    営業レポート作成作業の自動化

    営業レポート作成作業の自動化

    本eBookでは、営業レポート作成作業を自動化する仕組みとして、月次だけでなく日次や週次であっても人手をかけずにExcel帳票を発行する方法をご紹介します。

    右記フォームに必要事項を入力の上、「ダウンロードする」をクリックしてください。

    %{SENDPARDOTDIV}%
    • LINEで送る
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    社内のデータ活用でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

    お役立ち情報を資料にまとめました。
    お役立ち資料ダウンロード
    ご不明点などお気軽にご相談ください。
    お問い合わせ
    30日間、無料で体験いただけます。
    無料体験版

    注目トピック

    ETLとは、デジタルトランスフォーメーションの第一歩となる、データの整理・整頓ツールです

    ETLとは、デジタルトランスフォーメーションの第一歩となる、データの整理・整頓ツールです

    ETLツールとは、「組織の内外に散在するデジタルデータを抽出・収集(Extract)」し、「用途に応じて変換・加工(Transform)を行った上」で、「その先にある格納先に有用な情報として配信・送出(Load)してくれる」ITプロダクトのカテゴリーの一つです。

    データドリブン経営やDX推進の壁を突破する「データ活用」のススメ型

    データドリブン経営やDX推進の壁を突破する「データ活用」のススメ型

    DXやデータドリブン経営にいざ取り組むとしても、どこから手をつけたらよいのかわからないというお悩みを聞くことが少なくありません。その第一歩を「データ活用」とした場合に生じるお悩みとその解決策について考察してみました。

    属人化Excelをデータベース化・情報システム化すべき理由

    属人化Excelをデータベース化・情報システム化すべき理由

    Excel更新ルーティンから解放されたいビジネスパーソンに向けて、Excel集計・加工作業を機械化・自動化する方法について整理してみました。

    お役立ち資料

    脱Excelではなく、Excelを生かして業務効率を上げる方法

    脱Excelではなく、
    Excelを生かして
    業務効率を上げる方法

    本ホワイトペーパーでは、数多くの企業が抱えるExcel業務効率化の悩みに対し、3つのステップで最適な回答を示すことで、できる限り分かりやすく解説・整理できればと思います。

    導入実績多数!数字で証明する、ETL/EAI製品をリプレイスした効果!

    海外製ETL/EAIの
    EOS/EOL対策

    2000年代初頭よりデータ連携基盤として多くの企業に導入されたETL/EAI製品。本資料では、お客様がどこに課題を抱いていて、ユニリタのソリューションを選択することでどのような効果があったのかを簡潔明瞭にお伝えいたします。

    データ活用ツールの違い・比較

    データ活用ツールの違い・比較

    ETL ツール「Waha! Transformer」の導入に際して、「データ活用」という観点から一緒に検討されることの多いETL ツールと周辺ツール3種(EAI / BI・DWH / RPA)を比較・整理しました。