1. データ連携ツール Waha! Transformer
  2. データ活用 用語集
  3. SQL

GLOSSARY

SQL

 
すべての資料をまとめてダウンロード

SQL

SQL(Structured Query Language)は、データベース管理システムにおいてデータの操作やクエリを行うための標準的なプログラミング言語です。データ活用においてSQLは不可欠な役割を果たし、多くの企業や組織で広く利用されています。

以下に、SQLに関する用語を交えてご紹介します。

テーブル(Table)
データを格納するための表形式の構造で、行と列から成り立ちます。データベース内で関連するデータを組織化するために使用されます。

列(Column)
テーブル内の縦の要素で、特定のデータ型を持ちます。列は各レコードにおける特定のデータ項目を表現します。

行(Row)
テーブル内の横の要素で、一連の関連データを表します。行はレコードとも呼ばれ、各列に対応するデータ値を持ちます。

クエリ(Query)
データベースから情報を抽出するために使用されるSQLのコマンドです。クエリは特定の条件に基づいてデータを絞り込んだり、複数のテーブルを結合したりすることができます。

SELECT文
クエリの一部であり、特定の列やデータを取得するために使用されます。SELECT文はFROM句やWHERE句などの構文と組み合わせて使用され、データの抽出や集計を行います。

WHERE句
クエリ内で使用され、特定の条件を指定してデータを絞り込むために利用されます。例えば、ある列の値が特定の範囲に収まるデータを取得する場合に使用します。

JOIN
複数のテーブルを結合するための操作です。JOINを使用することで、関連するテーブルのデータを結び付けて一度に取得することができます。

インデックス(Index)
データベース内のテーブルに対して作成される構造で、データの検索やソートの高速化に役立ちます。インデックスを使用することで、大量のデータでも効率的に検索することができます。

集計関数(Aggregate Functions)
クエリ内で使用され、データの集計を行うための関数です。例えば、SUM(合計値)、COUNT(件数)、AVG(平均値)などがあります。

トランザクション(Transaction)
データベース内で行われる一連の操作の単位です。トランザクションは、データの一貫性と永続性を確保するために使用され、成功するか失敗するかのいずれかの結果を持ちます。
これらの用語を理解することで、SQLを活用してデータベース内のデータを効果的に操作し、必要な情報を抽出することができます。

Contact

社内のデータ活用でお悩みの方は
お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

データ活用について
理解を深める

Waha! Transformerの紹介だけではなく、あらゆる業務テーマをターゲットにしたデータ活用関連の情報収集ができます。

資料ダウンロード

トピック

データ活用に課題はありませんか?読みながら学べる記事を多数ご用意しております。

トピックを読む

無料体験版

30日間利用できる無料体験版ライセンスです。データ抽出・変換・ロードを実際にご体験ください。

体験版に申し込む