• 純国産ETL:データ連携ツールのWaha! Transformer > 
  • データ変換・加工まるっとクラウド
  • データ変換・加工まるっとクラウド
    Powered by Waha! Transformer V5.2

    • LINEで送る
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    どんなサービス?

    データ変換・加工処理+運用保守業務をクラウドインフラでアウトソーシングできるサービスです。
    データの連携・加工要件を提供いただければ、お客様はデータ変換・連携のロジックを構築する必要は一切ありません。構築から運用までを、ユニリタで一手に実施いたします。

    こんな方にオススメ!

    • 事業部門内ITヘルプデスク担当
    • 開発・運用は基本的に外部に委託している企業
    • データ連携基盤を構築する要員不足、知識不足
    構築から運用までユニリタが実施

    データ連携基盤をオンプレミス型で自社で構築するケースと比べて、
    このサービスは大きく3つの特長があります

    Features01 環境も構築からまるっとご用意!

    環境も構築からまるっとご用意!

    一般的に、オンプレミス型でデータ連携基盤を自社で構築する場合、選定から調達、導入までに多くの工数が必要です。本サービスは、ユニリタが保有するデータセンターにお客様専用のクラウド環境を構築します。また、一からサイジングするのではなく、メニューとして標準化されていますので、お客様は必要に応じたメニューを選択いただくだけでOKです。その後は、ユニリタにすべてお任せください。

    Features02 データ変換・加工処理もまるっと構築!

    データ変換・加工処理もまるっと構築!

    データ連携基盤を構築する際の「肝」となるのが、ETLツールを使ったデータ処理の構築です。本サービスは、お客様がデータ処理を構築する必要はまったくありません。ユニリタが、お客様のデータ変換・加工要件に応じた最適なデータ処理を構築します。

    Features03 運用全般もユニリタにまるっとお任せ!

    運用全般もユニリタにまるっとお任せ!

    データ処理の構築とテスト完了後に、運用開始となります。オンプレミス型の自社構築だと運用も基本的には自社での対応となりますが、本サービスをご利用いただければ、データ連携基盤全般の運用・保守のみならず、ETLツールを使って構築したデータ処理そのもののアプリケーション保守までを、ユニリタが担当します。

    社内のデータ活用でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

    導入企業様の事例を資料にまとめました。
    「事例集」ダウンロード
    ご不明点などお気軽にご相談ください。
    お問い合わせ
    30日間、無料で体験いただけます。
    無料体験版

    注目トピック

    ETLとは、デジタルトランスフォーメーションの第一歩となる、データの整理・整頓ツールです

    ETLとは、デジタルトランスフォーメーションの第一歩となる、データの整理・整頓ツールです

    ETLツールとは、「組織の内外に散在するデジタルデータを抽出・収集(Extract)」し、「用途に応じて変換・加工(Transform)を行った上」で、「その先にある格納先に有用な情報として配信・送出(Load)してくれる」ITプロダクトのカテゴリーの一つです。

    データ連携の自動化で正しいデータをスムーズに有効活用

    データ連携の自動化で正しいデータをスムーズに有効活用

    Waha! Transformerは、異なる形式のデータをスムーズに連携・統合する純国産ETL:データ連携ツールです。1999年の提供開始以来、大手企業を中心に1,800ライセンスの導入実績。SQLやプログラミングの知識がなくても使いやすいシンプルな操作性と、圧倒的な処理スピードで組織内外のデータ活用を加速します。

    属人化Excelをデータベース化・情報システム化すべき理由

    属人化Excelをデータベース化・情報システム化すべき理由

    Excel更新ルーティンから解放されたいビジネスパーソンに向けて、Excel集計・加工作業を機械化・自動化する方法について整理してみました。