1. 純国産ETLツールのWaha!Transformer
  2. 導入事例
  3. MRの活動見える化に向けたDWHへのデータ連携に活用|旭化成ファーマ株式会社 様・AJS株式会社 様

MRの活動見える化に向けたDWHへのデータ連携に活用|旭化成ファーマ株式会社 様・AJS株式会社 様

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

~ミッションクリティカルな業務基盤に採用された「Waha! Transformer」~

骨粗鬆症治療剤を中心に主に整形外科に対して医薬品を提供している旭化成ファーマ株式会社では、医薬品卸から寄せられる医療機関への販売実績を管理する実消化データを中心としたDWH(DataWareHouse)へのデータ連携の際に必要な加工変換処理を行うツールとして、ユニリタが提供する純国産ETLツール「Waha! Transformer」を導入。過去の処理フローを踏襲しながら短期間のうちに移行を成功させるなど、営業活動に欠かせないミッションクリティカルなデータ処理を円滑に行う環境づくりに貢献しています。

導入メリット

300程あったETLのジョブの棚卸を実施し、必要とされる250程のETLのジョブを「Waha! Transformer」の活用により全て移行することに成功、決められた時間までに処理できるようにチューニングすることで、MRの営業活動に必要な情報提供を円滑に実現。現場に意識させることなく安定した運用を継続することが可能に。

課題

営業活動に不可欠なDWH内の実消化データ、
データ連携のためのETL刷新が必要に

木村 哲也氏
旭化成ファーマ株式会社
営業企画部課長 兼
情報システムグループ
木村哲也氏

1992年に東洋醸造株式会社と旭化成工業株式会社が合併、2003年に分社・持株会社制への移行に伴って誕生した旭化成ファーマ株式会社。
「マテリアル」「住宅」「ヘルスケア」の3領域で事業を展開する旭化成グループにおいて医療事業を展開するヘルスケア企業として、整形外科領域を中心に、リウマチ関連疾患や疼痛領域などに経営資源を集中。現在は整形外科が主に使用する骨粗鬆症治療剤を中心に医薬品を提供しており、特定分野に強みを発揮するスペシャリティファーマ―として、整形外科領域において信頼性の高い医薬品メーカーとしての地位を確立しています。

そんな同社では、2004年頃からDWH環境を整備し、医薬品卸が医療機関に納品した実消化データを管理、活用してきました。経理上の売上については医薬品卸への納品情報がもとになりますが、どの医療機関に対してどの医療品がどのくらい納品されたのかを示す実消化データをもとに販売管理を実施。この実消化データをMRに提供することで、販売計画の立案や予実管理といった日々の営業活動に役立てています。最近では、実消化データ以外にもMRの訪問実績といった営業活動に関連した情報もDWH内に投入することで、営業活動と販売実績の分析も行われています。

このDWHに用いられてきたサーバの保守切れと、ETLツールSagentのサポート終了を迎え、新たな環境への移行とETLツールの刷新も同時に計画されたのです。「実は長年DWHへのデータ連携に利用してきたSagentが最新のOS環境では利用できないことが分かり、サーバリプレースとともに刷新を余儀なくされたのです」と旭化成ファーマ株式会社営業企画部課長で情報システムグループを兼務する木村哲也氏は当時を振り返ります。
この実消化DWHは、前日入手した実消化データをDWHに投入し、翌日MRが営業活動を開始する時間までにBIなどで確認できるようにしなければならず、日々の営業活動に欠かせないミッションクリティカルな業務の要となっていたのです。

解決策

短期間でのプロジェクトを成功させるための
ノウハウや実績が大きなポイントに


清嶋 三友氏
AJS株式会社
営業本部営業3部
清嶋三友氏



実は同社が利用してきたほかの業務系システムのサーバも同時期に刷新が必要となっていたことで、実消化DWH以外の複数のプロジェクトを同時並行で進める必要があり、しかも刷新までの期間もわずか1年と短期間で環境を整備する必要がありました。「MRが必要な情報は継続して提供する必要があるため、まずは既存の運用がそのまま移行できることが最低条件の1つでした。ETLについても、従来行ってきた変換や過去のジョブがそのまま移行できることが必要だったのです」と木村氏。

そこで、旧旭化成の情報システム部門が母体となり、現在はTISインテックグループにて旭化成グループへのインテグレーションを行っているAJS株式会社(以下、AJS)に打診を行うことに。「納期が明確に区切られているなかで、プログラムも300近くのジョブがあるなど、かなりのボリュームでした。Sagentからの移行ノウハウも含めて、新たな環境を探す必要があったのです」と当時の状況についてAJS営業本部営業3部清嶋三友氏は説明します。


片見 敬氏
AJS株式会社
インダストリー事業本部第2事業部
ビジネスシステム4部ヘルスケアグループ
片見敬氏
そこで白羽の矢が立ったのが、ユニリタが提供する「Waha! Transformer」でした。「実は旭化成グループが手掛けてきた複数プロジェクトで、同様のツールから「Waha! Transformer」に移行した実績があることを知ったのです。私自身はSagentのノウハウがなかったこともあり、なおさらユニリタが持っている移行ノウハウを是が非でも活用したいと考えたのです」と語るのはAJSインダストリー事業本部第2事業部ビジネスシステム4部ヘルスケアグループ片見敬氏です。実際にユニリタに相談したところ、移行方式を決めるための設計書や移行概要設計書といったドキュメンテーションのテンプレートが活用できるだけでなく、Sagentで定義されたフローデータアイコンと「Waha! Transformer」でのアイコンの相関関係も明確で、短期間であっても安心して移行できることが想定できたのです。

もちろん、バージョンアップの容易性やETLツールとして多くのシステムとの連携性など、「Waha! Transformer」が持つ特徴についても将来的なメリットにつながると判断。結果として、ユニリタの「Waha! Transformer」が、同社の営業活動を支える実消化DWHを支える基盤の1つとして採用されることになったのです。

導入効果

設計から導入支援までを手厚くサポート、安全な形での移行を支援

現状は、取引先となる医薬品卸から毎日提供される実消化データを中間DBで受け、「Waha! Transformer」にて同社内で管理されている独自の各種マスター情報を付加したうえでデータの変換、結合などを行い、実消化DWHに取り込んでいます。MRは営業活動前にBIツールをはじめとした各種インターフェースから前日分の情報を全て閲覧できるようになっています。過年度の情報も全てDWHから閲覧可能になっており、MRが医療機関へ訪問する前に医療品卸の営業所に立ち寄って情報交換する際の基礎データとして活用しています。「実消化DWHの仕組みがうまく動いていないとMRからクレームが出てしまうため、非常にクリティカルな処理が求められます。投入するデータは年を追うごとに増えていますが、データ反映までの時間を遅らせるわけにはいきません。結果として刷新後も安定して稼働させることができています」と木村氏は現状について語ります。

新たな環境に刷新したことで、以前と同様の運用が維持できていることはもちろん、以前は運用と保守が異なっていたものの、現在は全てAJSに統一できており、運用保守の一本化で対応も迅速化され、コスト削減にもつながっています。「MRには変わったことを意識させることなく利用してもらっており、現場の混乱を招くことなく安定した形で移行することができました」と木村氏は高く評価しています。

今回のプロジェクトは、複数プロジェクトが同時並行で進められたこともあり、ETL部分の現行調査から設計、構築までユニリタ側にて行うなど、短期間でのプロジェクト完遂に向けてユニリタの全面的な支援を受けています。「決められた時間までに処理を行うべく、実際の構築やテストを何度も行いながらチューニングを実施し、当初想定した時間通りに処理が終わるように調整していただきました。こちらの要求に真摯に対応いただき、大変お世話になりました」と木村氏。プロジェクトを推進するうえでも過去の実績を活かしたことで、短期間でプロジェクトを成功に導いた功績を高く評価しています。「テンプレートがあったことで、どんな情報が必要なのかといったことを次々と引き出していただき、プロジェクトを強力に引っ張っていただくことができました。以前のフローを踏襲する前提だったため、処理速度の向上などお互いに苦労した面もありましたが、技術面でも過去の知見がフルに活かせたのは大きかった」と片見氏。

なお「Waha! Transformer」については、インターフェースが機能別に分けられているため操作方法が分かりやすく、同社独自のマニュアル作成などの支援もあって、以前の環境に比べて扱いやすくなっていると評価しています。「SagentはWeb上に情報が少なくて調べることが難しいところがありましたが、「Waha! Transformer」はWeb上で必要な情報も数多く出てきて探しやすい。何かあっても情報が見つけやすいのは安心感があります」と片見氏。
  移行前
(Sagent)
移行後
(Waha! Transformer)
メンテナンス性 ・DBへの接続(抽出/更新)は全てSQL、各カラム単位の加工もVBScript(プログラミング)を利用していた
・メンテナンスにはSQLやVBScriptの解析が必要であった
・全てGUI(ノンプログラミング)で可視化されており、誰でも容易にメンテナンスができるようになった
・また、1日の教育を受けた後は、一部の開発を自社メンバで行うことができた
開発ノウハウ 海外製品の為、国内のノウハウが少なかった 国内導入実績も豊富で、サポートサイトにはTipsとして豊富な構築ノウハウが掲載されており、ノウハウの享受が可能となった
サポート 海外製品はサポートに不安
英語マニュアル
24時間365日のサポートで安心
日本語マニュアル
将来性 接続可能なデータソースはRDBやCSVであった クラウドやEXCELとの接続も可能で将来的に拡張も容易となった


今後の展開

重要度が増してくるDWH、「Waha! Transformer」の重要度も高まる

今後については、現在のコロナ禍においてビジネスのデジタル化が急速に進み、医療業界でも訪問を基本とする営業活動からデジタルプロモーションへの移行が求められています。その中で、オウンドメディアなどを通じた医師への情報提供など、医療業界におけるDX化は今後も加速していくことになってきます。「医師の方がサイトに訪問いただいた履歴やWebを通じての面談履歴といった、デジタル上の動きも今後活発になってきます。これらの情報も将来的にはDWHに取り込んで、営業活動に役立てていけるようにしていきたいと考えています。その意味でも、DWHの活用はさらに広がってくるはずで、データの変換や加工を行う「Waha! Transformer」の役割もますます重要になってくるでしょう」と木村氏。また、MAツールの活用や新たなSFAツールへの移行も視野に入れるなど、今後はシステムのクラウドシフトも進んでいくことが想定されており、周辺システムから必要な情報の抽出や加工、変換などを行う「Waha! Transformer」の活用がさらに進んでいくはずだと語ります。 

今回プロジェクトを支援したAJSでは、「Waha! Transformer」に関するスキルトランスファーを受けて、ノウハウを蓄積しつつあります。「今後は旭化成グループへの展開も視野に、ユニリタとも協業しながら活動を行っていきたい」と清嶋氏は語ります。なお、グループ企業に関しては、実は同じヘルスケア領域のグループ企業から木村氏に相談が寄せられることも少なくありません。「実消化DWHに関しては、AJSだけでなく外部の力を借りることで短期間のうちにプロジェクトを成功させた事例の1つ。今後は、開発支援などソフトの面でユニリタに協力をお願いすることも出てくるはず。その際には適切なアドバイスをいただきたい」と木村氏は期待を寄せています。

■システム構成図



旭化成ファーマ株式会社

旭化成ファーマ株式会社ロゴ

AJS株式会社

  • 事業内容:システム開発事業、パッケージソフト事業、ネットワーク事業
  • 設立:1987年(昭和62年)3月
  • URL:https://www.ajs.co.jp/
UQコミュニケーションズ株式会社ロゴ

社内のデータ活用でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

ご不明点などお気軽にご相談ください。

30日間、無料で体験いただけます。

Waha! Transformer実践事例集

14社の事例から学ぶ!
Waaha! Transformer
実践事例集

  • 2000
    ライセンス
  • 作業工数
    50%
    削減
  • 大手企業
    多数利用

3つのポイント

社内のデータ活用でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

ご不明点などお気軽にご相談ください。

30日間、無料で体験いただけます。

Waha! Transformer実践事例集

14社の事例から学ぶ!
Waaha! Transformer
実践事例集

  • 2000
    ライセンス
  • 作業工数
    50%
    削減
  • 大手企業
    多数利用

3つのポイント

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

社内のデータ活用でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

導入企業様の事例を資料にまとめました。
「事例集」ダウンロード
ご不明点などお気軽にご相談ください。
お問い合わせ
30日間、無料で体験いただけます。
無料体験版

注目トピック

ETLとは、デジタルトランスフォーメーションの第一歩となる、データの整理・整頓ツールです

ETLとは、デジタルトランスフォーメーションの第一歩となる、データの整理・整頓ツールです

ETLツールとは、「組織の内外に散在するデジタルデータを抽出・収集(Extract)」し、「用途に応じて変換・加工(Transform)を行った上」で、「その先にある格納先に有用な情報として配信・送出(Load)してくれる」ITプロダクトのカテゴリーの一つです。

データ連携の自動化で正しいデータをスムーズに有効活用

データ連携の自動化で正しいデータをスムーズに有効活用

Waha! Transformerは、異なる形式のデータをスムーズに連携・統合する純国産ETL:データ連携ツールです。1999年の提供開始以来、大手企業を中心に1,800ライセンスの導入実績。SQLやプログラミングの知識がなくても使いやすいシンプルな操作性と、圧倒的な処理スピードで組織内外のデータ活用を加速します。

属人化Excelをデータベース化・情報システム化すべき理由

属人化Excelをデータベース化・情報システム化すべき理由

Excel更新ルーティンから解放されたいビジネスパーソンに向けて、Excel集計・加工作業を機械化・自動化する方法について整理してみました。