1. 純国産ETLツールのWaha!Transformer
  2. 導入事例
  3. アジア8拠点は現場最適のシステム、データ統合で合理的にコストダウン|アリスタ ライフサイエンス株式会社様

アジア8拠点は現場最適のシステム、データ統合で合理的にコストダウン|アリスタ ライフサイエンス株式会社様

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

~R/3 BWを補完する、経営情報の質向上とスピードアップ~

アリスタ ライフサイエンス株式会社は、2001年にトーメンおよびニチメンの農薬事業とライフサイエンス事業が統合され、新たな出資を得て独立法人として設立されました。ライフサイエンス事業では、医薬・化粧品の原材料からペット用の医薬や飼料などの製品群を供給しています。

また、世界各地の農業者には、業界でも著名な化学農薬として殺虫剤・殺菌剤・除草剤を幅広くお届けしています。害虫を天敵昆虫で駆除する、生物農薬市場でも積極的にリーダーとして業界を牽引しています。現在では、日本を本社に、60を超える国へ150品以上の農薬とライフサイエンス製品をお届けしています。

導入メリット

  • 業務フローの見える化でプロセスリスクを解決
  • アジア8拠点は現場最適のシステム、データ統合で合理的にコストダウン

目標と課題

異なるプラットフォームからのデータ収集

異なるプラットフォームからのデータ収集

日本・アジア・ライフサイエンス事業本部では、日本を含む9ヶ国のアジアパシフィック地域に関連会社を展開しています。日本本社はSAP R/3とBW を2006年に導入し、基幹システムと連携して国内の経営情報を翌日に利用できる仕組みがあります。それ以外の8地域では、2008年4月からSalesforceが導入されました。

R/3 とSalesforceの異なるプラットフォームからデータを収集するため、アジア全体の経営情報を分析する過程は非効率な状況にありました。従来は、メールでExcelデータを日本本社に送信し、手作業で8拠点の串刺し統合を実施していました。

  1. データメール送信のリスク
  2. 過去データのバージョン管理工数
  3. 収集までのスピード
  4. 属人化による非効率化

経営層やファイナンス部門にとっては、タイムリーに同一基準のデータを手に入れることが、大きな課題でした。そこでシステム部門は、既存資産のSAP BW を活用する前提で、以下のようなコンセプトのもと導入を検討しました。

  • スタッフを集計作業から解放、分析や行動へ
  • 3ヶ月後の稼動
  • 既存リソースの活用
  • 投資の最適解

効果

業務フローも見える化でプロセスリスクを解決

アジアパシフィックでシステム基盤を統合せず、データ連携の運用で乗り切った点が、最大のコストダウンにつながりました。

アジアパシフィックでシステム基盤を統合せず、データ連携の運用で乗り切った点が、最大のコストダウンにつながりました。

Salesforceのデータも、全てR/3 BW に投入して分析する案も検討されましたが、膨大なコストがかかり現実的ではありませんでした。その時R/3のアプリケーション保守ベンダ会社から、BeaconIT Data Empowerment Suiteの紹介がありました。柔軟性・汎用性に優れており、データ収集・加工もすぐに取り掛かれる点で、短期間の構築にも最適でした。

また、他の業務への活用も想定できることから、導入が決定されました。例えば、国別の売上・利益・在庫の予実やP/Lを本社のファイナンス部門で集計する場合、月次経営情報の作成作業は従来の3倍にスピードアップしました。

日本・アジア・ライフサイエンス事業本部

日本・アジア・ライフサイエンス事業本部
チーフ ファイナンシャル オフィサー
兼 情報システム部 部長
太田 真二 氏

また、メールとExcel で属人化していたプロセスも、ビジュアルなJOB 作成ツールによりデータフローが可視化され、自動化と同時に標準化も達成されて、個人的な業務処理によるフローの変化やデータ保護の観点からも安全な統合となりました。

「データ収集の部分も含めて自社内で構築できないと、中期的にはリスクとコストが発生する」と太田部長は将来を語ります。ビジネススキームの変化だけでなく、R/3 やSalesforce のバージョンアップ、ネットワークの改編などが予測されるため、ライトな仕組みで誰でも改善できることが重要です。

販売情報サンプル 会計情報サンプル

システム構成

テキスト

SAP BW と Salesforce 以外からも、見込み値や計画値についてはバッチでデータ収集し、加工・集計作業をしています。
会計関連データ:約110,000 件/2年・販売関連データ 約630,000 件/2年

今後の展開

日本事業本部に必要なデータはR/3 BWで利用できますが、各地で活躍する営業はWeb 環境からも販売速報などを参照できるように計画中です。BeaconIT Data Empowerment Suite なら、利用ユーザ数に関わらずユーザーフリーなので、ライセンス管理も容易になるため、利用者の拡張を予定しています。販売・会計以外の業務でも、顧客データや受発注データなど、省力化・標準化の必要な業務に展開していきます。

アリスタ ライフサイエンス株式会社

  • 設 立:2001年2月13日
  • 社員数:2,500名(2008年12月末日現在)
  • 資本金:192億円
  • 売上高:1,460億円
  • ※本資料は、2009年4月に取材した内容をまとめたものです。
  • ホームページ : http://www.agrofrontier.com/index.html
アリスタ ライフサイエンス株式会社

社内のデータ活用でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

ご不明点などお気軽にご相談ください。

30日間、無料で体験いただけます。

Waha! Transformer実践事例集

14社の事例から学ぶ!
Waaha! Transformer
実践事例集

  • 2000
    ライセンス
  • 作業工数
    50%
    削減
  • 大手企業
    多数利用

3つのポイント

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

社内のデータ活用でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

導入企業様の事例を資料にまとめました。
「事例集」ダウンロード
ご不明点などお気軽にご相談ください。
お問い合わせ
30日間、無料で体験いただけます。
無料体験版

注目トピック

ETLとは、デジタルトランスフォーメーションの第一歩となる、データの整理・整頓ツールです

ETLとは、デジタルトランスフォーメーションの第一歩となる、データの整理・整頓ツールです

ETLツールとは、「組織の内外に散在するデジタルデータを抽出・収集(Extract)」し、「用途に応じて変換・加工(Transform)を行った上」で、「その先にある格納先に有用な情報として配信・送出(Load)してくれる」ITプロダクトのカテゴリーの一つです。

データ連携の自動化で正しいデータをスムーズに有効活用

データ連携の自動化で正しいデータをスムーズに有効活用

Waha! Transformerは、異なる形式のデータをスムーズに連携・統合する純国産ETL:データ連携ツールです。1999年の提供開始以来、大手企業を中心に1,800ライセンスの導入実績。SQLやプログラミングの知識がなくても使いやすいシンプルな操作性と、圧倒的な処理スピードで組織内外のデータ活用を加速します。

属人化Excelをデータベース化・情報システム化すべき理由

属人化Excelをデータベース化・情報システム化すべき理由

Excel更新ルーティンから解放されたいビジネスパーソンに向けて、Excel集計・加工作業を機械化・自動化する方法について整理してみました。